エリートの理性も限界だ【電子特典付き】

エリートの理性も限界だ【電子特典付き】

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

目つきが悪くて、プライド高くて、だからこそ──押し倒したいッ! 高級ホテルで働くドアマンの河南浅黄は、語学堪能、記憶力抜群、容姿も申し分なしと三拍子揃った男。そんな彼が唯一、理性を保てない相手は……。
電子版の共通特典として、紙書籍の応援書店特典・描きおろしマンガ2Pを収録☆

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
フルールコミックス
電子版発売日
2017年10月16日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
75MB

新刊オート購入

    購入済み

    連載時からのファンです

    ままま 2017年12月20日

    続きがあったらいいなーと思っていたら、東京編を偶然見つけました!
    1作目は、連載時に全部読んでたから買うのを迷ってましたが、連載後のイチャイチャ話が載ってて、「買って良かったー!」です!

    魅力的なキャラクターたちで、変化ぐあいもニヤニヤしながら、読んでます

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年07月04日

    攻めの仕事に対する姿勢が素敵だった。
    でもお客様へのサプライズで受けが泣くとことか理由がわかんなかった。
    出世欲強いのも「いろいろあったから」とかいってたからこれから明らかになるのかな。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • エリートの理性も限界だ【電子特典付き】
    目つきが悪くて、プライド高くて、だからこそ──押し倒したいッ! 高級ホテルで働くドアマンの河南浅黄は、語学堪能、記憶力抜群、容姿も申し分なしと三拍子揃った男。そんな彼が唯一、理性を保てない相手は……。 電子版の共通特典として、紙書籍の応援書店特典・描きおろしマンガ2Pを収録☆
  • エリートの理性も限界だ 東京編【第1話】
    「そろそろ、我慢の限界――」高級ホテルのフロントクラーク・二上保貴は、大阪から本店の東京勤務に異動が決定。恋人になったドアマンの河南とともに初日の勤務が始まり、昔の仲間と再会しながら、忙しい日々が続く。河南と2人きりの時間がなかなか取れずにいるなか、同棲したいという気持ちを伝えられた二上は、それに答えられずにいて……。人気シリーズ『エリートの理性も限界だ』、東京編スタート!
  • エリートの理性も限界だ 東京編【第2話】【特典付き】
    「ほら、ちゃんとイキたいでしょ?」嫉妬した恋人に、立ったまま問い詰められて…!? 後輩の折出に、河南に恋人がいるかどうかを尋ねられた二上は、思わず答えを誤魔化してしまう。そんななか、有名女性モデルであり、二上の姉である一華が宿泊にやってくる。一華と一緒にいる二上を見た河南は嫉妬し、二上を問い詰めるが――。購入特典!描きおろし「東京編2おまけ4コママンガ1P」付き☆
  • エリートの理性も限界だ 東京編【第3話】【特典付き】
    「ちゃんと、おあずけできたでしょう?」“待て”に我慢した分、家でたっぷり恋人と――。ホテルのドアマン・河南は、恋人の二上に妙に突っかかってくる男・陣野を怪しむ。そんななか、二上の姉であり、有名モデルの一華が変装して出かけるのを目撃。素直じゃないところが二上と似ていると微笑ましい気持ちになる河南だったが、事態は面倒な方向に……? 購入特典!描きおろし「東京編3おまけ4コママンガ1P」付き☆
  • エリートの理性も限界だ 東京編【第4話】【特典付き】
    「うそでしょ、いつのまにこんなにやらしくなったんですか」早く欲しくて、我慢ができない――。 河南の家で朝を迎えた二上は、先に出るからと家の鍵を渡される。 照れくささを感じながら出勤した二上だったが、手洗い場にて河南と接近しているところを陣野に見られてしまう。 恋人の空気を誤魔化しきれず、二上の弱味を得たと喜ぶ陣野は、二上に「河南の本店異動は、お前が手をまわしたのか?」と挑発してき...
  • エリートの理性も限界だ 石油王編【電子特典付き】
    「君もきっと私を望むようになる」 高級ホテルのフロントクラーク・二上は ドアマンの恋人・河南とともに、本店の東京で忙しい日々を過ごしていた。 恋人との仲も良好、仕事もやりがいがある。 充実した毎日を送っていたところに、アラブからの実業家・マフディが来日し、 ホテルに泊まることに。 「今日、君に会えたのが一番の収穫だ――」 マフディに気に入られた二上は、 お香の焚かれた部屋に呼び出さ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています