背徳行為~姉のゲス彼に何度もイカされて2
  • 完結

背徳行為~姉のゲス彼に何度もイカされて2

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「ダメっ、お姉ちゃんの前で入れないで…」優弥さんの熱いモノが容赦なく、激しく、私のアソコを突きえぐる。初めての私は姉の彼氏とセックスしてるという罪悪感に押しつぶされそうになりながら、背徳感と未体験の肉体的快感に身も心もかき乱され幾度となく絶頂を繰り返した――(大丈夫きっとバレてない…優弥さんも酔って間違えたんだし、覚えてるわけない…)――全て忘れるつもりの亜未だったが翌日優弥のとった行動は!?これをきっかけに全ての歯車が狂い出す…

ジャンル
出版社
STDパブリッシング
掲載誌・レーベル
絶頂征服Z
電子版発売日
2017年09月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
31MB

背徳行為~姉のゲス彼に何度もイカされて2 のユーザーレビュー

    購入済み

    三角関係?

    チグリン 2018年09月21日

     姉の彼氏が、なぜ妹に手を出したのか?妹とはただの遊びのつもりだったのか?1つ明らかになったのは、姉の浮気相手に妹がなってしまったと言うことだ。

    このレビューは参考になりましたか?

背徳行為~姉のゲス彼に何度もイカされて のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 背徳行為~姉のゲス彼に何度もイカされて1
    完結
    「ダメっ、お姉ちゃんの前で入れないで…」優弥さんの熱いモノが容赦なく、激しく、私のアソコを突きえぐる。初めての私は姉の彼氏とセックスしてるという罪悪感に押しつぶされそうになりながら、背徳感と未体験の肉体的快感に身も心もかき乱され幾度となく絶頂を繰り返した――(大丈夫きっとバレてない…優弥さんも酔って間違えたんだし、覚えてるわけない…)――全て忘れるつもりの亜未だったが翌日優弥のとった...
  • 背徳行為~姉のゲス彼に何度もイカされて2
    完結
    「ダメっ、お姉ちゃんの前で入れないで…」優弥さんの熱いモノが容赦なく、激しく、私のアソコを突きえぐる。初めての私は姉の彼氏とセックスしてるという罪悪感に押しつぶされそうになりながら、背徳感と未体験の肉体的快感に身も心もかき乱され幾度となく絶頂を繰り返した――(大丈夫きっとバレてない…優弥さんも酔って間違えたんだし、覚えてるわけない…)――全て忘れるつもりの亜未だったが翌日優弥のとった...
  • 背徳行為~姉のゲス彼に何度もイカされて3
    完結
    「ダメっ、お姉ちゃんの前で入れないで…」優弥さんの熱いモノが容赦なく、激しく、私のアソコを突きえぐる。初めての私は姉の彼氏とセックスしてるという罪悪感に押しつぶされそうになりながら、背徳感と未体験の肉体的快感に身も心もかき乱され幾度となく絶頂を繰り返した――(大丈夫きっとバレてない…優弥さんも酔って間違えたんだし、覚えてるわけない…)――全て忘れるつもりの亜未だったが翌日優弥のとった...
  • 背徳行為~姉のゲス彼に何度もイカされて4
    完結
    「ダメっ、お姉ちゃんの前で入れないで…」優弥さんの熱いモノが容赦なく、激しく、私のアソコを突きえぐる。初めての私は姉の彼氏とセックスしてるという罪悪感に押しつぶされそうになりながら、背徳感と未体験の肉体的快感に身も心もかき乱され幾度となく絶頂を繰り返した――(大丈夫きっとバレてない…優弥さんも酔って間違えたんだし、覚えてるわけない…)――全て忘れるつもりの亜未だったが翌日優弥のとった...
  • 背徳行為~姉のゲス彼に何度もイカされて5
    完結
    「ダメっ、お姉ちゃんの前で入れないで…」優弥さんの熱いモノが容赦なく、激しく、私のアソコを突きえぐる。初めての私は姉の彼氏とセックスしてるという罪悪感に押しつぶされそうになりながら、背徳感と未体験の肉体的快感に身も心もかき乱され幾度となく絶頂を繰り返した――(大丈夫きっとバレてない…優弥さんも酔って間違えたんだし、覚えてるわけない…)――全て忘れるつもりの亜未だったが翌日優弥のとった...
  • 背徳行為~姉のゲス彼に何度もイカされて6
    完結
    「ダメっ、お姉ちゃんの前で入れないで…」優弥さんの熱いモノが容赦なく、激しく、私のアソコを突きえぐる。初めての私は姉の彼氏とセックスしてるという罪悪感に押しつぶされそうになりながら、背徳感と未体験の肉体的快感に身も心もかき乱され幾度となく絶頂を繰り返した――(大丈夫きっとバレてない…優弥さんも酔って間違えたんだし、覚えてるわけない…)――全て忘れるつもりの亜未だったが翌日優弥のとった...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています