画太郎先生ありがとう いつもおもしろい漫画を描いてくれて…
  • 完結

画太郎先生ありがとう いつもおもしろい漫画を描いてくれて…

作者名 :
通常価格 855円 (778円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【ページ数が多いビッグボリューム版!】1990年~2001年にかけて、週刊少年ジャンプと月刊少年ジャンプの関連誌上で発表された、画太郎先生の初期作品14本を一冊にまとめた珠玉の短編集! 未発表作「けぶこ」や、特別付録「バカでも覚える英単語」も収録。読めば不思議と生きる力が湧いてくる、「画太郎ワールド」が爆発だ!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
週刊少年ジャンプ
ページ数
303ページ
電子版発売日
2017年09月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
103MB

関連タグ:

画太郎先生ありがとう いつもおもしろい漫画を描いてくれて… のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年03月19日

    寡聞にしてこれ以上自画自賛なタイトルの漫画は知らない。しかも内容がそれに伴うかのような面白さとクソっぷり。初期から飛ばしてヤバイ漫画家だったことが伺える短編集。
    画太郎先生ありがとう…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月04日

    画太郎先生の初期の作品が満載の一冊。画太郎好きにはたまらないです。個人的にはジャンプ漫画をはじめとする少年漫画でありがちな設定や技、強さのインフレを面白おかしく描いたエスカレーション。笑うせぇるすまん風のババアゾーンなどがおススメです。また初期の作品中心ですので漫☆画太郎作品の中でも比較的ソフトな話...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この…ウンコやろーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    メガネを返せーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

    なんつって、 ほら、その方がいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    タイトルの通り、読んだあとに「漫☆画太郎先生ありがとう―いつもおもしろい漫画を描いてくれて…」と、本気で思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    紙芝居や貸本から始まった漫画は時代と共に市民権を獲得しました。
    そしていつしか漫画家は先生と呼ばれるようになりました。
    しかし、私が本当に先生と呼びたいのは画太郎先生だけです。
    絶対のオリジナリティー。ページをめくるのが怖いほどのスリリングな展開。ハードコアパンクの様なスピード感。また、ミニマルテク...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月27日

    比較的シンプルなのと陰影をつけまくった気持ち悪いのと、二つの絵柄が入り交じっているコミック。話はひどくてクドくて下品で恐ろしい勢いがあって、何より1ページまるまる顔面アップの迫力が気持ち悪いやらおかしいやら。
    ババァゾーンも良いが、たのしい遠足もなかなかのものがある。どこまで転がっていくのだこの話と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月25日

    「ぜーんぶ、芝居だ」
    日常会話に使わせてもらってます。
    流行語大賞です。
    この言葉でだいたいうまくいきます。(多分)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月26日

    表紙とタイトルがすでに反則!でも「たのしい遠足」(の、ありえない展開)に感動したり「バカでも覚える英単語」で実際に勉強できたり…。画太郎先生に対する見方がかわりました。あー、おもしろかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    デビュー作から新作まで、読み切りその他を詰め込んだ画太郎大百科!初心者には入門書としてもぴったりな1冊だ。
    ページの間からこぼれ落ちんばかりのウンコとゲロ、同居する下品とメルヘン。確かに汚いが、じつは上手な絵。記号的なツルンとした絵柄や、パッチワークだらけのストーリーにヘキエキしている人にとっては、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています