アメリカの排日運動と日米関係 「排日移民法」はなぜ成立したか

アメリカの排日運動と日米関係 「排日移民法」はなぜ成立したか

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

20世紀初頭のカリフォルニア州を舞台に始まった日本人移民の排斥は、長らく2国間関係の懸案事項だった。その歴史を膨大な資料をもとに丹念にたどり、移民問題が日米関係に与えた影響、また日米関係が移民問題に与えた影響を読み解く。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日選書
ページ数
344ページ
電子版発売日
2017年08月18日
紙の本の発売
2016年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

アメリカの排日運動と日米関係 「排日移民法」はなぜ成立したか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年05月18日

    1920年代にアメリカで成立した差別的な「排日移民法」がどのような過程で成立したか、その背景には何があったのかを丁寧に追った名著である。事実を積み重ね、時には慎重な推論を織り交ぜた論旨は、説得力がある。何よりも、それによって日米関係がどのように傷を負い、そして戦争へとつながったのかを思うとき、外交の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています