中学2年生の水野耕太郎は、唯一の親友だった三輪くんの転校をきっかけに、屋上へ出る階段の踊り場を「別荘」と名づけ、昼休みの時間をひとりで過ごしていた。 夏休みを間近に控えた7月の昼休みのこと。 水野がいつものように別荘で時間を過ごしていると、ザッパーンという大きな音が屋上の方から聞こえてくる。 屋上に出てみると、そこには驚くほど大きな“水たまり”が広がっていた。 そして、その水たまりで、女子生徒がバタフライで泳いでいる――。 混乱し、立ち尽くす水野の目の前に、水たまりから優雅に上がってきたのは、水泳部のエースで学校一の美少女と名高い、隣のクラスの水原だった。 水原は、水たまりに潜る行為のことを“パドル”と呼び、「パドルをしながら強く何かを願うと、世界をひとつだけ変えられる」のだと説明する。 半信半疑ながら、誘われるままに水たまりに飛び込んだ水野は、パドルで実際に世界が変わるのを目の当たりにする。 水原がある一つの“目的”に向かって、パドルを繰り返していることを知る水野。 そしてはからずも、その“目的”のためのパドルが、思いもかけない衝撃の真実を浮かび上がらせ――。 第六回ポプラ社小説新人賞受賞作!

ジャンル
出版社
ポプラ社
ページ数
279ページ
電子版発売日
2017年08月11日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

パドルの子

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年03月10日

 有って欲しい過去を生み出すために、なんどもパドルを繰り返す。そこに生死の問題が絡んできた時に、ヒロインとの別れが避けられないものとなる。友情や家族は失わなかったけれど。オールイン。

 

このレビューは参考になりましたか?

パドルの子

Posted by ブクログ 2017年12月22日

屋上にある不思議な水たまりに「潜り」、強く願うと、その願いによって世界が改変できる現象「パドル」。そんな秘密を知った主人公が、そこで「パドル」する少女と出会う。次第に改変された世界の謎に迫って行き…。
タイムリープとは一味違った小説。

このレビューは参考になりましたか?

パドルの子

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年11月01日

中3の次男に面白いから読んで、と勧められて読みました。最初から少しずつ違和感が重なっていき、あれ車は?担任は?となっていきました。パドルの謎が分かってから一気に加速、最後まで結局一日で読んでました。爽やかなファンタジーという感じでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?

パドルの子

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年09月18日

青春×SF風ファンタジー×謎めいたヒロイン、といういかにも最近流行りの設定。しかし「パドル」で細部が二転三転する仕掛けがミソ。さりげなく登場する人や事物の中に、本来存在しなかったもの=「パドル」の産物がこっそり紛れています。アイデアのユニークさもさることながら、泣かせるラストへの鮮やかな着地、お見事...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

パドルの子

Posted by ブクログ 2018年01月22日

中学2年生の水野耕太郎は、ある昼休み、旧校舎の屋上一面に広がる水たまりを見つける。 
そこで大胆にバタフライで泳いでいたのは、学校一有名な水泳部の水原だった・・・。
 ボーイミーツガール + 時間改変というか世界改変のお話。 
 この世界改変という概念を受け入れられるかどうかで評価は分かれるかも。 ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

パドルの子

Posted by ブクログ 2017年12月29日

非日常が日常の世界が、出来上がった理由が、解き明かされます。最初、気球が出てくるあたりで、基本構造が明確になりますが、その後も、クルクルします
もう少し感情移入しておけば、より感動だったなぁ

このレビューは参考になりましたか?

パドルの子

Posted by ブクログ 2017年11月24日

ちょっと不思議な世界観。こうだろうかああだろうかと考えながら読んだ。最後のまとめ方が好き。
2017/11/24

このレビューは参考になりましたか?

パドルの子

Posted by ブクログ 2017年11月18日

若い作家さんのデビュー作だそうです
すごい違和感!
それが作者のねらい
設定がおもしろいなあ
パドル きたない水たまり
≪ パドルって?ごちゃまぜにする水たまり≫

このレビューは参考になりましたか?

パドルの子

Posted by ブクログ 2017年09月17日

よるのばけものを読んだ時と同じ感覚。こういう作品にのめり込めない私の感覚が錆び付いてるんでしょう。イントロから入り込めませんでした。

このレビューは参考になりましたか?

パドルの子

Posted by ブクログ 2017年07月26日

何を書いてもネタバレになる。
読み始めてしばらくすると、妙な違和感を感じるはず。多分、そこには既に仕掛けが隠されている。
アイデアが先にあって、そこに肉付けをしていったのだろう。学校、教師、友人、家族、女の子と定番アイテムを押さえているが、青春ノベルとしては無理やりな感じは免れない。多分筆者の主眼は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?