赤異本と黒異本
  • 値引き
  • 完結

赤異本と黒異本

作者名 :
値引き価格 330円 (300円+税) 11月5日まで
通常価格 660円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「鬼畜島」外薗昌也が集めた怪談集、「異本」シリーズ。いわくつきで過去のコミカライズに入れられなかったとっておきの作品を外薗昌也が指名したホラー界の異才・呪みちる、鯛夢が待望の漫画化。夢の競演! 大胆アレンジにも注目! 【僕の家/鯛夢 ~「赤異本」「黒異本」『僕の家』『僕の家 後日談』より】故郷宮崎に帰った「僕」は実家が引っ越していたことを知る。父が相談もせずに購入していたマイホームは近所ではお化け屋敷とよばれ、どうやら老婆の霊がでるようで…? 家が、家族が、憑かれ、正気を失っていく! 語ってはいけない、アブナイ物件の話。 【地獄腐女子/呪みちる ~「赤異本」『腐女子地獄』より~】BL作家O先生のところにやってきたアシスタントマユ子。マユ子はO先生の熱烈なファンで、そのいきすぎた愛ゆえにどんどんアトリエを乱していく。オカルティックなマユ子によってしかけられた呪いとは? 【ビラビラ/呪みちる ~「黒異本」『団地 その後のその後』より~】幼い頃おじに連れて行ってもらったショッピングモールのオープニングで見たビラビラの怪物。大人になり、叔父の口から語られたそのビラビラの正体は、施工業者が起こしてしまった惨い死亡事故が原因のようで…。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
ぶんか社
掲載誌・レーベル
ホラーM
電子版発売日
2017年08月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
47MB

関連タグ:

赤異本と黒異本 のユーザーレビュー

    ネタバレ購入済み

    ちょっと損したかも。

    野中聡美 2019年10月10日

    最初の幽霊のすべらかしのような髪と着物姿を見て、私は江戸時代よりももっと古い時代が好きなので、戦国時代以前の幽霊?とワクワクしながら見たら、全然現代に近い時代の幽霊でつまらなかった。
    他の話はつまらないわけではないけど、短い。
    表紙ほどの怖さもない。
    これで660円は高いと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています