天国の扉 第一巻 「日本人」のカギ

天国の扉 第一巻 「日本人」のカギ

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
獲得ポイント

7pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「日本人」は、どうでしょうか。天国に行けるでしょうか、いじめられて自殺した人はどうでしょうか。「いじめたひと」はどうでしょうか。「いじめ」を見て見ぬふりをしてきたひとはどうでしょうか。
 認知症のままで、わが子の顔も忘れたままでで天国に行けるでしょうか。
 そういう高齢者を見捨てた「子」たちは天国に行けるでしょうか。
 そういうことも含めて、ご自分の人生を振り返ってみてください。
 参考にしてみてください。

ジャンル
出版社
BCCKS Distribution
電子版発売日
2017年08月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

天国の扉 第一巻 「日本人」のカギ のユーザーレビュー

レビューがありません。

天国の扉 のシリーズ作品 1~10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 天国の扉 第一巻 「日本人」のカギ
    「日本人」は、どうでしょうか。天国に行けるでしょうか、いじめられて自殺した人はどうでしょうか。「いじめたひと」はどうでしょうか。「いじめ」を見て見ぬふりをしてきたひとはどうでしょうか。  認知症のままで、わが子の顔も忘れたままでで天国に行けるでしょうか。  そういう高齢者を見捨てた「子」たちは天国に行けるでしょうか。  そういうことも含めて、ご自分の人生を振り返ってみてください...
  • 天国の扉 第二巻 「神仏」のカギ
    日本には、世界でも珍しい、神仏混合の世界があります。 そして、その信仰とは、ご利益信仰です。 日本にいる間は、それほどの不自由はしないのですが、日本を離れた天国の世界では、日本的「神仏」のカギは、このままでは通用しません。 なぜなら、ご利益信仰では、魂の成長がないからです。 そこで、こういう本も用意しました。参考にしてみてください。
  • 天国の扉 第三巻 「ユダヤ人」のカギ
    「ユダヤ人」は、世界で初めて、天地創造の神エホバに選ばれた民族、ということになっています。いわゆる「一神教」の神を初めて信じた民族なのです。  そのためかどうか、ユダ人ほど、才能もあって、昨今でも、ノーベル賞に輝く民族もありません。  世界的な富豪も、ユダヤ人がかかわっているようです。  しかし、同時に、ユダ人ほど、問題を起こして、エホバという神を悲しませてきた民族もありません...
  • 天国の扉 第四巻 「善人」のカギ
    どこの国にも、いわゆる「善人」はいます。 「悪人」もいます。そして「偽善者」もいます。 キリストは、キリスト時代の「ユダヤ教」の宗教的指導者のことを、公然と、「偽善者」と呼びました。 「偽善者」とは、善人として、一般に通用しているひとが、本当は「悪人」である、ということです。  そういうわけで、「偽善者」はそれゆえに、日本の「神々」に仕えている指導者にも当てはまるはずです。  そ...
  • 天国の扉 第五巻 「良識人」のカギ
    「良識」とは何でしょうか。それは、偏見のない、公平な意見のことです。  しかし、昨今の様な、自由競争の激しい社会では、そういう「良識ある」人、つまり「良識人」は嫌われる、というか、敬遠されがちになります。  自由競争の渦中にあると、自分の味方をしてくれるひとが、「いいひと」であって、公平な意見等は、得になることはむしろ少ないからです。  小説家のなかでも、良識よりも、快楽的な、...
  • 天国の扉 第六巻 「詩人」のカギ
    「宝石」のような、魂の真実のことば」を持つ人。そういう「詩人」をこれから紹介します。  しかし、聖書によれば、すべてのひとが、詩人であるそうです。  その証拠に、幼子の世界では、どうでしょうか。幼児の世話をするのは、「おとな」ですが、その「おとな」が、その「幼子」によって、慰められれているはずです。  そういうわけで、いつまでも「幼子」の心を失わない、おとなの「詩人」の世界をこ...
  • 天国の扉 第七巻 「賢人」のカギ
    いわゆる「知恵者」というものがいます。「賢人」というひともいます。  「賢者」とよばれるひとは、知恵だけがあるのではなく、もっと高度の、悟りのあるなかにも、人間的な「生きる知恵」を語ります。  そういうひとは、当然人生経験が豊富で、その「言葉」の一つ、一つに、輝きがあります。  「言葉」の輝きがあるということは、「賢者」は、短いことばで、真理の光を語るわけです。  じっくり味わ...
  • 天国の扉 第八巻 「聖者」のカギ
    「聖人といえば、世捨て人を連想する人も多いようです。しかし、この本の第八巻の主人公は、元主演女優でした。そしてその女優人生のときには、ほとんどが主演で、数々の主演演技賞に輝いていました。  しかし、それでも、あっさりと50過ぎに引退をして、ひとりの「罪人」と名乗る男性に出会って、生きながらに天国を目指します。死後に天国を目指したのではありませんでした。  そうして彼女は「罪人」...
  • 天国の扉 第九巻 「預言者」のカギ
    「預言者」とは、神の「ことば」を預かったものが、国民に、民族に、その言葉を伝える任務を帯びています。  日本人も、昨今はかなり危機的な状況にありますので、とうぜん、国民のなかから、天地創造の神が、「預言者」を選んでいます。  ですから、この本を読まれたら、だれかが、「預言者」として選ばれることもあります。  そのときには、迷うことなく、神の「ことば」を伝える「ひとりだけの戦い」...
  • 天国の扉 第十巻 「キリスト」のカギ
    「天国の扉」シリーズ十巻の最後は、「キリスト」のカギです。  「キリスト」のカギは、つまり、天国とは、初めから、「心の貧しい人のものだ」とキリストは言います。そのときの「貧しさ」とは、幼子のような心を意味していました。そのまま、母の愛を受け入れるように、天地創造の神の愛を受け入れるものを、キリストは、「心の貧しいひと」と定義しました。その神の愛とはどういうものか。そのことを最...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています