大人の語彙力が使える順できちんと身につく本
  • ptバック

大人の語彙力が使える順できちんと身につく本

作者名 :
通常価格 1,404円 (税込)
獲得ポイント

217pt

  • 15%ポイントバック

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「今日は私におごらせてください」「お見それしました」
→目上の人に使うと失礼なのはなぜ?
「すみません」「申し開きもできません」
→反省の気持ちがより伝わるのは?
「私淑する」「薫陶を受ける」
→直接指導を受けた相手を言うのは?

大人として身につけておきたい教養のひとつ、「語彙力」。
“語彙力のある人”や、“話していて知性を感じる人”は、適切な文脈で豊富な言葉を使いこなします。語源やニュアンスといった言葉の背景を理解したうえで、年齢や立場にあわせて、言葉を磨いているのです。

そこで本書では、言葉の意味だけでなく、「使用シーン」「成り立ち」「強さ、重み」「ニュアンス」といった基本知識に加え、知性あふれる言葉を日常で使いこなすための解説をつけました。

言葉の引き出しが少なくて、思っていることが伝わらない…
幼い言葉を使っているせいで、バカっぽく見られている?

そんな思いが少しでもよぎったら、是非、本書を読んでみてください。
普段の会話はもちろん、仕事でのやりとり、メールや手紙、お詫びするときなど、あらゆる場面で使える厳選200語が身につきます。

ジャンル
出版社
かんき出版
ページ数
208ページ
電子版発売日
2017年07月10日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年10月02日

認知語彙と使用語彙。聞いてわかるものと使えるもの。

恐れ入りますが、はずいぶん印象が変わる。ごきげんよう、と同じ。

幸甚に存じます。
私淑する。
慧眼(けいがん)=目上の人を褒めるときに使いやすい
通暁(つうぎょう)=精通しているを大げさに。
謦咳に接する(けいがい)=尊敬している人と直接会う。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

知ってるようでわかってなかった

こっぺ 2017年09月13日

有名な誤用等は知っているつもりでしたが、知ったかしている言葉も多いなと感じました。
新入社員に限らず、社会人には適度なハードルの本で良いかと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月11日

勉強になった。
無理なく使いこなせるように日ごろの振る舞いや
言葉使いに注意したい。
たまに見返すような使い方が出来る本。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play