優しい鷲JJ (2)

優しい鷲JJ (2)

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

JJの一員・乗寺飛浪(じょうじひろ)は南米の独立国で、仲間の名前も顔も知らぬまま、日本人移民たちを内戦の只中から無事脱出させるため、多くの難関を突破しなければならなかった。とりあえず移民たちを水原農園へと導くことになったが、そこへ魔法使いと呼ばれる謎の男が登場。そして、5メートル以内に近づいたものをすべて白骨化させてしまうという、謎の兵器・白骨街道までもが現われた!――果たしてその正体とは!?

ジャンル
出版社
eBookJapan Plus
ページ数
234ページ
電子版発売日
2017年05月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
61MB

新刊オート購入

優しい鷲JJ (2) のユーザーレビュー

レビューがありません。

優しい鷲JJ のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 優しい鷲JJ (1)
    440円(税込)
    ある日ブラジル奥地の国境の町に、警官志望の日本人の少年がやって来た。実はこの少年、海外で苦しむ日本人を救う超法規的機関『JJ』から派遣されたのだ。国境地帯で独立国となったヒマナスで石油が発見され、その利権をめぐって内戦が起こり、この地に移住した日本人たちは生命までも脅かされていた。JJ機関から密かに派遣された10人は仲間の顔も名前も知らされておらず、共通の証しを持っていることが唯...
  • 優しい鷲JJ (2)
    440円(税込)
    JJの一員・乗寺飛浪(じょうじひろ)は南米の独立国で、仲間の名前も顔も知らぬまま、日本人移民たちを内戦の只中から無事脱出させるため、多くの難関を突破しなければならなかった。とりあえず移民たちを水原農園へと導くことになったが、そこへ魔法使いと呼ばれる謎の男が登場。そして、5メートル以内に近づいたものをすべて白骨化させてしまうという、謎の兵器・白骨街道までもが現われた!――果たして...
  • 優しい鷲JJ (3)
    440円(税込)
    飛浪にまた新たな指令が下された!都内の公園からたった20分で羽田空港に飛び、特別に待たせておいた飛行機で急行したのはアラスカだった。そこで飛浪に与えられた時間はたったの5時間。その短い時間で武器を受け取り、作戦、脱出まで行わねばならないのだ。その作戦とは、市長邸へと忍び込み『イランの星』と呼ばれるものを盗むことだった。そのことで、イランで人質にされている日本人商社員100人の命を...
  • 優しい鷲JJ (4)
    440円(税込)
    カリブ海近郊の国で内乱が起こり、世界一周クイズ番組でやって来ていた日本人たちが危険にさらされていた。日本人を目の敵にする凶暴なゲリラが徘徊する混乱に乗じて、日本の武器密輸会社が、その事実を知ってしまった目撃者である横浜の暴走族8人と警官3人を殺そうとしていたのだ。その暴走族の一員でもある飛浪の親友・ローニンと、JJ機関より派遣されてきた飛浪……仲間を無惨に殺され、彼らの怒りが爆...
  • 優しい鷲JJ (5)
    440円(税込)
    「カリブの嵐」事件の武器密輸会社が、証拠隠滅にかかっていた。当然ながら、またしても飛浪にインドネシア行きの指令が下った。その密輸会社と関連のある海賊一味が密輸出した武器と交換条件に、日本人観光客10人を人質に取っていたのだ。しかし海賊島へと乗り込んだ飛浪たちが交渉を始めようとした矢先、インドネシア海軍の巡視艇が現われた!もし武器を所持していることが発覚すれば、その場で銃殺刑に...
  • 優しい鷲JJ (6)
    440円(税込)
    猟奇的な首なし死体事件が、短期間に3件も発生!一方で、飛浪の学校の流山先生が自分の娘を暴走族にひき殺されたことから、犯人とおぼしき生徒を次々と射殺して逃亡していた。また兵器密輸容疑の銭田社長は、証拠の武器をどこかへ運び去った。そこで飛浪は、多摩川沿いにある怪しい貸しボート小屋を見張っていたが、そこに気配もなく刺客が現われる!絶体絶命の危機に空から飛び降りてきたのは、友達のた...
  • 優しい鷲JJ (7)
    440円(税込)
    ハーフの高校生・里香は、夏休みに両親のいるアメリカへ帰省した際、父親が母を殺した現場を目撃してしまう。そのショックから記憶喪失になったまま横浜に戻って来ていたが、万が一里香の記憶が戻ると財界の大物である父親は身の破滅を招く。そこで非情な父親は里香を暗殺するため、暗殺団を日本へと派遣。里香を守る指令を受けた飛浪は、里香に付き合い鎌倉へやって来たが、暗殺団たちは里香を寺の鐘楼の...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています