乳男-チチメン-【コミックス版】【電子限定おまけ付き】
  • 完結

乳男-チチメン-【コミックス版】【電子限定おまけ付き】

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【電子限定おまけ付き】紙書籍とは別バージョンの描き下ろしを収録!
【※この作品は話売り「特濃!乳ボーイはナイスゲイ~ドS悪魔におっぱいを狙われた男~」の単行本版です】


男でありながら乳首から精乳を垂れ流してしまう特異体質の持ち主・柊大輔(ひいらぎだいすけ)は、上司であり同じ男である課長の清水(しみず)に淡くも切ない恋心を抱いていた。
紳士的で穏やかで、分け隔てなく誰にでも優しくて、上品で…。そんな清水に入社してすぐの頃から密かに心に秘めていた甘い想いは、いつしか「もっと課長に触れられたい」という欲望に変わっていく。
それでも大輔は、ノンケである清水への想いを誰にも打ち明けるつもりはなかった。

ある日、会社の飲み会で酔った大輔は、デスクに置かれた清水のマグカップを前に、不意に心臓が脈打ち心と体が疼くのを感じていた。
ダメだとわかっているのに、震える指が、意識が、操られているかのように自身の乳首へと向かっていく。

――課長のマグカップで自慰を…。こんなところ、誰かに見られたら…。

そう思った矢先、目を赤く染めた同僚の神崎(かんざき)が突如現れた。
そして、大輔の乳首を執拗に嬲り、肥大化したそこから溢れ出る精乳を搾り尽くすように吸い始める。

「誇れ、お前は俺の供物に選ばれた。一生俺のために精乳を貢ぐのだ。」

そう言って笑みを浮かべた神崎は、漆黒の翼と角を持っていて…!?


果たして、大輔の恋の行方と、神崎の正体とは――?

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
黒ひめコミック
掲載誌・レーベル
ボーイズDuOセレクション
ページ数
178ページ
電子版発売日
2017年05月19日
紙の本の発売
2017年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
52MB

乳男-チチメン-【コミックス版】【電子限定おまけ付き】 のユーザーレビュー

    購入済み

    いまいち

    えむたろ 2020年10月16日

    何か別作品のスピンオフなのか。。。いきなり謎設定で始まるので最初は意味が分からなかった。一話完結型のようだが、それもイマイチだった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています