イノベーターたちの日本史―近代日本の創造的対応

イノベーターたちの日本史―近代日本の創造的対応

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

彼らはどのように未来を切り拓いていったのか? 
従来の史実では描かれなかった躍動感あふれるストーリーがここにある

高島秋帆、大隈重信、笠井順八、三野村利左衛門、益田孝、岩崎弥太郎、高峰譲吉、大河内正敏――
アヘン戦争、開国、財政政策、秩禄処分、士族授産、三井と三菱財閥、理化学研究所――

本書は、明治から昭和初期にかけての日本のイノベーターたちが、津波のように押し寄せる大変化にきわめて創造的に対応し、思いもよらない独創性を発揮していった過程をたどる試みである。そこには、これまで歴史の片隅に追いやられていた重要な事実の再発見もある。たとえば、アヘン戦争で解任された中国の高級官僚が残した西洋に関する文献や著作が、さまざまな偶然を経て国境を越え、江戸幕府が開国決断へと至るストーリー、勤王の志士がわずか数年にして明治政府の経済政策を作り上げていくストーリー、研究所から新興財閥を作り上げた理研の創業者のストーリーなど、従来の日本史では注目されることの少なかった人物と、彼らが突破した難題と、それらが社会にもたらしたインパクトを紹介していくものである。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
東洋経済新報社
ページ数
328ページ
電子版発売日
2017年04月28日
紙の本の発売
2017年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

関連タグ:

イノベーターたちの日本史―近代日本の創造的対応 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年11月12日

    明治維新の解釈として独創的であり印象的
    植民地化の危機意識→天皇を中心とした絶対国家→富国強兵
    武士の廃止→国民軍の創出 士族の政府が武士制度を廃止 明治維新のイノベーション
    「自己否定」

    明治維新を資本主義経済のインキュベーターに
    (1)経営人材 武士を充当 職種転換 必ずしも成功しなかったが・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月25日

    日本の経営史の中でももっとも面白いかも。「創造的対応」という切り口で色々な現象を追う。
    三菱・三井、理研のあたりが特に興味深かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月25日

    いつの世も志と行動力のある人物が社会を変えていくもの。近代史がさらっと流れてしまう学校の教科書では深く知り得ない、先人の取組の創造性がよく理解できる。読みやすかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    幕末から明治に掛けて、諸外国からの脅威もある中、愛国心、野心を持つて活動した男達の話

    以前に高杉晋作の本を読んだが、(というのも高杉晋作の没地「東行庵」に行き、具体的に何をした人かを再確認したかったため)本書にも少しでてきた。やはり鎖国、攘夷の考え方では日本は海外から大きな遅れを取り滅びる。進ん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月12日

    江戸から明治への移行が日本の歴史的な転換点な点は皆、一致するであろう。
    国内だけでなく海外情勢も激変する中で、当時のリーダーが、どのように創造的対応をおこなったか?

    とくに、武士階級がリードした明治維新のリーダ層が、自らの母体である武士階級を解体する創造的対応が興味深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月09日

    幕末から明治、戦前までの時期、日本における産業、科学の勃興の物語。この時代を語るのに、いわゆる幕末志士伝は数多くあるが、起業家や科学者を主役に描いたものはあまりなく、本書ではその志や自立精神、未来志向などは志士の物語と変わらない迫力や情熱を感じることができる。作者がなんども強調しているように日本人が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月23日

    アヘン戦争から幕末、明治維新の頃の日本のイノベーターらのサクセスストーリーを追う一冊。高島秋帆、大隈重信、笠井順八、三野村利左衛門、岩崎弥太郎、高峰譲吉、大河内正敏らが紹介されている。

    圧倒的な列強国を前に江戸幕府が崩れていく様、明治維新によって秩序維持に貢献してきた武士らが見捨てられていく様を見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています