北国抄

北国抄

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ようやく雪が消えて、海辺の崖の上の日だまりに桜草が芽を出すと、釧路の海霧のシーズンである。冬はひたすら寒い北国の自然の中で、季節のうつりかわりに敏感に反応する著者の詩。雪、湿原、石狩連峰の稜線の美しさ、針葉樹林などの自然の息吹や人間のいとなみを、洗練された文体で謳い上げる。エキゾチックな北海道の大自然を舞台に、小悪魔的なヒロイン・怜子が活躍するベストセラー『挽歌』の著者、初めてのエッセイ集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2017年04月28日
サイズ(目安)
1MB

北国抄 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    随筆集。明治時代、原田家は当時、北海道の代表的な豪商であった。原田家の邸宅兼住居は「とんけし御殿」と呼ばれ、銅葺きの屋根にモザイクの床、欄間や襖等その豪華な作りは城のようであったといわれるが昭和恐慌の時代に当時の金額で3百数十万円の負債を抱え倒産してしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています