狂い鳴くのは僕の番 ;β(10)
  • 完結

狂い鳴くのは僕の番 ;β(10)

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。 
大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、思わぬ再会が。
新卒として鵜藤の部署に配属された雀部(ささべ)が、なんとホストの青年だったのだ。一流企業に入りながらも、なぜホストとして働くのか…。気にかかった矢先、雀部の体に異変が起きて…?

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
アメイロ
掲載誌・レーベル
アメイロ
電子版発売日
2019年06月21日
サイズ(目安)
29MB

狂い鳴くのは僕の番 ;β(10) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

狂い鳴くのは僕の番 ;β のシリーズ作品 全16巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~16件目 / 16件
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β(1)
    完結
    摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。  大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、...
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β(2)
    完結
    摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。  大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、...
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β(3)
    完結
    摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。  大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、...
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β(4)
    完結
    摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。  大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、...
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β(5)
    完結
    摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。  大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、...
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β(6)
    完結
    摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。  大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、...
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β(7)
    完結
    摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。  大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、...
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β(8)
    完結
    摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。  大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、...
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β(9)前編
    完結
    摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。  大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、...
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β(9)後編
    完結
    摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。  大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、...
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β(10)
    完結
    摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。  大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、...
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β(11)
    完結
    摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。  大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、...
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β(12)
    完結
    摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。  大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、...
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β(13)
    完結
    摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。  大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、...
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β(14)
    完結
    摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。  大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、...
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β(15)
    完結
    摂理を壊した先にあるものとは――Ωを敬遠するβ×βを軽蔑するΩ――凄艶のオメガバースが再び。  大手広告会社の営業課長・鵜藤(うとう)はある日、接待でΩだけを集めたホストクラブを訪れる。Ωの差別的な扱いに内心嫌気がさす鵜藤は上手くかわし席を離れるが、一人のホストの青年が声をかける。甘えた声で擦り寄る彼だったが、鵜藤がβだと知ると見下した態度に豹変。印象最悪のまま別れた二人だったが数日後、...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています