Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ 5

Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ 5

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

双子の姉・エリナーザと、弟・ガリルが誕生したフリオ一家。牙狼族の成長は早く、姉弟は人族年齢で10歳ほどにまで成長していた。
そんなフリオたちのもとへ舞い込んできた新たな依頼。それは、休暇を兼ねてお忍びで視察を行うことになった姫女王の護衛だった。子宝の湯で有名なキノーサキ温泉へ再び足を運び、ますます賑やかになった家族で旅行を満喫することに。
一方の魔王・ユイガードは、倒しても倒しても出現する反乱軍により多くの部下を失い、ついには魔王城への帰還を余儀なくされていた。しかし、
帰還した魔王城でもユイガードへの不信感は募っており――
「やってられるかこんなもん!」
ついに嫌気がさし、魔王城から姿を消してしまう――!?
新魔王・ユイガードもスローライフ、始めます。
「小説家になろう」発、チートだけどまったりな異世界ライフ、第5巻!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
オーバーラップ
掲載誌・レーベル
オーバーラップノベルス
シリーズ
Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフシリーズ
ページ数
320ページ
電子版発売日
2018年05月25日
紙の本の発売
2018年05月
サイズ(目安)
8MB

Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ 5 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年10月07日

    姫女王様と旅行.
    金髪勇者の一行に新たなる仲間が.
    学園入ガウ.
    和平協定.

    そんな感じで.
    登場人物がどんどん増えていきますね.
    さらに前の名前を捨てて(隠して)の偽名とかも合わせれば
    倍率ドン,更に倍.的な?
    フリオ氏の周囲はいつもまったりしてる感あるけど
    彼がまったり時空を生み出すなにかを出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ のシリーズ作品 1~12巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~12件目 / 12件
  • Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ
    魔法国クライロードに勇者候補として召喚されたバナザ。だが、その能力が一般市民並みだったため、勇者失格の烙印を押されてしまう。 本来ならば元の世界に送り返されるはずだったが、手違いにより元の世界に戻れなくなってしまい――!? やむなくこの世界で暮らすことになったバナザは、生きるためにスライムを倒しレベルを2に上げる。すると―― 「なんだ……!? この∞って?」 ∞(上限突破)――あらゆるスキル・魔法を習得し、すべての能力値が破格のものに変わってしまっていた! その力を誇示することなくマイペースに暮らすバナザは、ある日魔族のフェンリースと運命的な出会いを果たし……!? 「小説家になろう」発、チートだけどまったりな異世界ライフが開幕!
  • Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ 2
    異世界に勇者候補として召喚され、レベル2からチートになったフリオは、伴侶のリースや、友人のバリロッサたちと共に日々の暮らしを謳歌していた。製作した武具や魔法具を売るために街を訪れたフリオは、街中にある雑貨屋が閉店しているのを見つけ、ある夢を持つ。 一方、フリオの足取りが掴めないことにしびれを切らし、自身で捜索を始めた魔王ゴウルは、ついにフリオと再会する。そして、バリロッサとも。 再会を喜ぶゴウルだったが、弟・ユイガードの謀反の報せを受け、急遽城へ戻ることに。人族に侵攻せず、たびたび街へ繰り出すゴウルに対し、自身こそが真の魔王と謳うユイガード。 真の魔王は果たしてどちらなのか。決闘の儀が始まるかと思われたそのとき―― 「うむ、よくわかった。ワシは魔王を引退しよう」 魔王もスローライフ、はじめます。「小説家になろう」発、チートだけどまったりな異世界ライフ、第2巻!
  • Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ 3
    念願のフリース雑貨店を立ち上げたフリオ。 魔王軍と相対しているクライロード軍の危機的状況を救うべく、姫女王からの依頼で物資を配送することに。 困難な依頼をこともなげにこなすフリース雑貨店の名声は、瞬く間に各地へと広がっていた。 そんなある日、物資を運ぶ山道でフリオは行き倒れていた女性・ワインを救出する。 お腹を空かせていた彼女に肉を差し出したところ、ワイバーンであると告白され――。 さらに、恩義を感じたワインが、フリオたちに同行すると宣言し!? 居候の増えたフリオたちのもとに新たなカルゴーシ海岸への救援依頼が舞い込んでくる。 難なく依頼を果たしたフリオたち。 意外にも海を見たことがないフリオ家の面々は、この機会に海で遊び尽くすことに……!! 「旦那様! 泳ぎましょう!」 リゾート地のスローライフ、満喫中。 「小説家になろう」発、チートだけどまったりな異世界ライフ、第3巻!
  • Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ 4
    ワイバーンのワインを新しく家族に迎え入れ、海への旅行で家族の絆を深めたフリオたち。 日常に戻り、リースもいつものように朝食のために狩りをしていたが、どこか体調がおかしいことに気がつく。魔法で体調を確認すると、なんと、リースが懐妊していることが発覚! さらに、牙狼族の妊娠から出産までの期間が短いことが判明し、大慌てで出産に備えることに。そして、皆の助けもあり、無事、女の子・エリナーザと男の子・ガリルの双子の姉弟が誕生する。 姉弟の成長を見守りつつ過ごすフリオとリースの元に、フリース商会の取引相手から雪山ダルイセンにある別荘への招待が届く。せっかくなので、家族みんなで雪山へ遊びに行くことに。 そして、一面の銀世界、スノーリゾート地でフリオ一家を待ち受けていたのは――!? 雪山でスノーライフ、満喫します。 「小説家になろう」発、チートだけどまったりな異世界ライフ、第4巻!
  • Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ 5
    双子の姉・エリナーザと、弟・ガリルが誕生したフリオ一家。牙狼族の成長は早く、姉弟は人族年齢で10歳ほどにまで成長していた。 そんなフリオたちのもとへ舞い込んできた新たな依頼。それは、休暇を兼ねてお忍びで視察を行うことになった姫女王の護衛だった。子宝の湯で有名なキノーサキ温泉へ再び足を運び、ますます賑やかになった家族で旅行を満喫することに。 一方の魔王・ユイガードは、倒しても倒しても出現する反乱軍により多くの部下を失い、ついには魔王城への帰還を余儀なくされていた。しかし、 帰還した魔王城でもユイガードへの不信感は募っており―― 「やってられるかこんなもん!」 ついに嫌気がさし、魔王城から姿を消してしまう――!? 新魔王・ユイガードもスローライフ、始めます。 「小説家になろう」発、チートだけどまったりな異世界ライフ、第5巻!
  • Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ 6
    長年争い続けてきたクライロード魔法国と魔王軍だったが、ウルフジャスティスのマスクで正体を偽ったフリオたちの活躍によって休戦協定が結ばれ、平穏な時間が訪れていた。 そんなフリオ一家の上空へ、突如、メイド服を着た謎の女の子が現れる。明らかにこの世界のものではない魔法で、存在を隠蔽していた彼女だったが、その高度な存在を隠す魔法のせいで、空を飛んでいたワインと激突してしまう。 タニアライナと名乗った彼女だったが、激突した際の衝撃で、フリオ家に来た目的を忘れてしまったらしく――? さらに、ユイガードが留守の間、魔王代行を勤めているカルシームと、付き人のチャルンに、またもや新たな問題が発生。フリオのもとへと依頼を 持ちかけてきて――!? 「小説家になろう」発、チートだけどまったりな異世界ライフ、第6巻!
  • Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ 7
    記憶を失った神界からの使徒、タニアライナをメイドとして一家に迎え入れたフリオたち。 フーリス雑貨店の経営や姫女王からの依頼をこなしつつ、充実した日々を過ごしていた。 そんなある日、フリオは配達依頼の最中、球状世界を滅ぼすほどの力を持つ、「厄災の竜」に遭遇してしまう。 唯一の対抗手段である神界魔法を駆使し、フリオは世界の脅威へと立ち向かうことを決意する――! 一方、金髪勇者との旅によって自身の未熟さを自覚した魔王・ユイガードは、とある目的を果たすため、魔王城への帰還を果たす。 その目的とは、魔王代行として魔王城を取り仕切っていたカルシームへと、魔王の座を禅譲することだった。 しかし、カルシームは寿命により、消滅の危機を迎えていて――!? 「小説家になろう」発、チートだけどまったりな異世界ライフ、第7巻!
  • Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ 8
    魔王代行の務めを終えたカルシームと、側近の魔人形のチャルンを居候として迎え入れたフリオ。 人手も増え、ますます賑わいを見せるフリース雑貨店を訪ねてきたのは、神界からの使徒だった。 フリオが厄災の竜の素材を用いて製作している美容薬。女神様に渡すためにそれを譲って欲しいと神界の使徒は告げる。 しかし、美容薬の在庫は底を尽こうとしていた。 美容薬のために再び厄災の竜を捕らえようと、フリオ一家は世界を滅ぼすほどの魔獣が跋扈する異世界『ドゴログマ』へ行くことに! 意外にも自然豊かな異世界で、フリオたちは釣りを楽しんだり、新たなペットを仲間にしたり、時には強力な魔獣を倒したり――!? 一方、魔王城では、新魔王ドクソンの花嫁候補として何人もの女性が手を上げた結果、料理対決が開催されることに。 しかし、花嫁候補たちの料理の腕前は壊滅的で――!? 「小説家になろう」発、チートだけどまったりな異世界ライフ、第8巻!
  • Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ 9
    異世界『ドゴログマ』で神界の使徒からの依頼を達成し、ホウタウの街に戻ってきたフリオたち。 フリオとリースの子・リルナーザを始め、新たに家族が増えたことで、服作りを一手に担っていたリースは大忙し!  それでも気合い十分なリースは、服を作るための上質な布を求め、翼竜のワインとともに西方の異国・インドルへ! 一方、金髪勇者たちは魔族がさらわれる事件に巻き込まれていた。 解決を図るため、事件の真相を追い掛ける一行だったが、待ち受けていた強大な敵を前に、窮地に陥ってしまう。 追い込まれた金髪勇者がとった秘策は伝説級アイテム・ドリルブルドーザースコップと融合することで――!? 『……これはどうやって攻撃すれば良いのだ?』 神々しい輝きを放つも、地面に突き刺さったまま一切動けない金髪勇者の運命は――? WEB発、チートだけどまったりな異世界ライフ、第9巻!
  • Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ 10
    西方の異国・インドルで闇商会の悪事を暴いたリースたち。その一方、フリオが工房で製作を続けていた魔導船はついに完成へと至る。魔導船の定期便で世界各地を結び、人や物の往来を活発にすることを目指すフリオ。 記念すべき魔導船のお披露目のために開催された就航式には、その姿を一目見ようと各国の人々が参集していた。無事に式典を終えたフリオ一家は、運航を開始した魔導船を利用し、空の旅を満喫。久方ぶりにカルゴーシ海岸へと向かうことに! そこに出現したのは、世界を滅ぼすほどの脅威を誇る厄災魔獣で――!? 一方の金髪勇者は、魔族の稀少種が失踪する事件――通称“魔神隠し”の解決を図るべく、その行方を追っていた。はずが…… 「待ちやがれ! そこの怪しいクソ馬車野郎!」 気付けば追われる立場になっていて――!? WEB発、チートだけどまったりな異世界ライフ、第10巻!
  • Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ 11
    魔導船のお披露目を行い、定期魔導船によるカルゴーシ海岸の旅行を終えたフリオたち。その旅行で、ガリルは姫女王との距離がちょっとだけ縮まっていた。 そんなガリルは、所属する剣闘部の教師に勧められ、日出国で開催される剣闘大会に参加することに。応援も兼ねて、一緒に日出国へ旅行に行くことになったフリオ一行。 日出国で各々は、名物であるお団子を食べたり、着物を着たりと、初めての土地を大いに楽しんでいた。しかし、その最中、日出国の護国山に封印されていたはずの神獣が突如復活し――!? さらに、強者との戦いを求める剣豪の思念体・ベンネエが挑んできて――!? 一方、金髪勇者たちは労働の対価に偽金を掴まされていた。正当な対価を求めて事件を追ううち、気付けば国のお家騒動に巻き込まれていて――? WEB発、チートだけどまったりな異世界ライフ、第11巻!
  • Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ 12
    日出国で思念体であるベンネエとの剣術勝負に勝利したガリルの提案で、彼女をフリオ家の一員として新たに迎え入れることに。 そんなフリオ家に、鬼族のウーラから休戦協定によって職を失った下級魔族たちに関する相談が持ち込まれる。それは、彼らが暴動を起こさないよう長としてまとめていたものの、新たな働き口を用意できずにいるというものだった。フリオは彼らのため、農園での仕事をお願いすることに。さらに、魔法によって彼らの住居があった山を丸ごと、農園の近くへと移転させていた! そして、そんな彼らの元々の文化であったお祭りを、新たな環境でも開催することに――! 一方、金髪勇者たちは、闇商会の金庫番であるジャンデレナ、ヤンデレナの姉妹に目をつけられていた。資金確保のための姉妹の謀略により、金髪勇者は理性を失ってしまい――!? WEB発、チートだけどまったりな異世界ライフ、第12巻!

Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています