女子の生き様は顔に出る

女子の生き様は顔に出る

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

プレジデントオンラインに連載された大人気エッセイがついに書籍化されました。

気鋭のエッセイスト、河崎環の誕生です!

○アラフォーの私たちは吉田羊の夢を見るか?
○子宮にまつわる話はなぜ“燃え”やすいのか
○「出産手遅れの女性は社会の捨て石」発言に泣いた
○工藤静香の“嫁ブロック”を尊重する、キムタクの男前

など、世の中を鋭くも暖かく分析する文章が数多く収録されています。

【著者紹介】河崎環(かわさきたまき)
フリーライター/コラムニスト。1973年京都生まれ、神奈川育ち。桜蔭中高から、転勤で大阪府立高へ転校。慶應義塾大学総合対策学部卒。
海外遊学、予備校・学習塾での指導経験を経て、2000年より教育・子育て、政治経済、時事問題、女性活躍、カルチャー、デザインなど、多岐にわたる分野での記事・コラム執筆を続けている。
欧州2ヵ国(スイス・英国ロンドン)での暮らしを経て帰国後、WEBメディア、新聞雑誌、企業オウンドメディア、テレビ・ラジオなどにて執筆・出演多数、財布広報誌や行政白書の作成にも参加する。

【目次より】
◆恋愛、結婚、出産
・アラフォーの私たちは吉田羊の夢を見るか?
・子宮にまつわる話はなぜ“燃え”やすいのか
・「出産手遅れの女性は社会の捨て石」発言に泣いた /ほか
◆女と仕事
・「時短勤務者は甘えている」のか?「資生堂ショック」の本質
・君臨する女――あの人は“リケジョ”だったのか、それとも“オタサーの姫”だったのか
・キラキラ女子社員が年を取るとどうなる?――21世紀版「私がオバさんになっても」
◆日本と世界と男と女
・女もアラフォーともなれば、生き様がすべて「顔」に出る
・一億総活躍時代に「需要がある女」とは?
・東村アキコ『ヒモザイル』は何がアウトだったのか
・中学入試、ある超難関男子校の国語問題に涙した理由 /ほか
◆ボーナストラック
・「たまたまゴジラが出てくるだけの(日本的組織社会の)ドキュメンタリー」――40男たちが熱狂した『シン・ゴジラ』と3人の女たち
・好戦的なエロス――ナショナル・イベント御用達アーティストへ登り詰める、椎名林檎の勝ち戦

ジャンル
出版社
プレジデント社
ページ数
231ページ
電子版発売日
2016年11月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

Posted by ブクログ 2017年11月23日

内容紹介
プレジデントオンラインに連載された大人気エッセイがついに書籍化されました。

気鋭のエッセイスト、河崎環の誕生です!

○アラフォーの私たちは吉田羊の夢を見るか?
○子宮にまつわる話はなぜ〝燃え〟やすいのか
○「出産手遅れの女性は社会の捨て石」発言に泣いた
○工藤静香の〝嫁ブロック...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「エッセイ・紀行」ランキング