伯爵と花嫁の十二夜

伯爵と花嫁の十二夜

作者名 :
通常価格 756円 (税込)
紙の本 [参考] 889円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人違いで交わされた夫婦の契り。愛なんて、望むべくもない……。

ジュリアは煮えきらない幼なじみの男性との関係がもどかしく、クリスマスの仮面舞踏会で一計を案じる――やどり木の下で出会った男女がキスをする古来の伝統にあやかり、彼をやどり木の下へおびき出す作戦だ。皆が思い思いの仮装をするなか、ジュリアは幼なじみを見つけ、首尾よく彼を会場から連れ出すと、思いきって熱いひとときを過ごした。まさか、仮面を外した“彼”が、幼なじみとは別人とも思わずに!相手の正体は、美形だがどこか陰のある伯爵アレック・ダンバー。激しく動揺するジュリアに、不機嫌な伯爵が思いもよらぬ宣告をする。「もう結婚するしかない――もっとも妻にふさわしくない君と」■大人気英国人作家A・バロウズが描くクリスマス・リージェンシーをお贈りします。伯爵との結婚を前に、自分の幼なじみへの思いは本物の恋ではなかったと気づくジュリア。伯爵とは表向きだけ愛し合う夫婦のふりをすると約束したのに、やがて彼を愛してしまい……。

ジャンル
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年12月02日
紙の本の発売
2016年12月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年11月30日

ジュリアとアレック
冒頭から突飛な行動をするジュリアだけど、若い頃に抱きがちな孤独感や意地のはり方が、読者からすると憎めなくていじらしい。
ちょっとどうかと思うところもあるけど、シーズナルらしさもあって、じんとする。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play