パリの朝食はいつもカフェオレとバゲット ―フランス人はなぜ仕事と子育ての両立が上手なのか?

パリの朝食はいつもカフェオレとバゲット ―フランス人はなぜ仕事と子育ての両立が上手なのか?

作者名 :
通常価格 1,404円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

著者は、夫の仕事の関係で、フランスに家族4人で住む機会を得た。
2001年から2004年と、2007年から2010年の二回、パリ市内のアパルトマンで暮らしたが、
計6年半フランスに滞在して何よりも驚いたのは、働く母親が多いことだったという。

フランス人の女性たちはいったいどうやって、仕事と子育てを両立しているのだろうか。
日本では難しいことが、なぜフランスでは可能なのだろうか。

2人の子どもを現地校に通わせ、フランス人と知り合う中で、両立を可能にする実情がだんだんとわかってきた。
長い歴史と豊かな文化のある国フランス、人生を楽しむフランス人のライフスタイルから学ぶことは多い。

本書では、仕事と子育ても含めた、フランス人の普段の暮らしを紹介します。
毎日を楽しく過ごすためのヒントが満載の1冊です。

【著者紹介】
国末則子(くにすえ・のりこ)
1964年東京都生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業。東洋経済新報社を経て90年、朝日新聞社入社。
徳島支局、大阪本社整理部、京都支局に勤務し、98年退社。2001年から04年と07年から10年の二回計6年半にわたり、フランス・パリに滞在。
15年から東洋経済オンラインに記事を執筆。共著書に『阿波おどりの世界』(朝日新聞社)。

【目次より】
◆はじめに
◆第1章 グルメの国の食卓
◆第2章 奥深い食文化
◆第3章 仕事も子育ても
◆第4章 良いバカンス、良い週末
◆第5章 人との関わり
◆第6章 思い思いに暮らす
◆第7章 心豊かな日々を
◆おわりに

ジャンル
出版社
プレジデント社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年11月01日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年12月09日

フランス人の食生活や物事の考え方、社会制度等を知る事が出来ます。

例えば、
男女の差異なく働く環境が整えられている、
幼稚園では鞄等細々とした物を用意しなくて良い、
小学校では教科書は借物等々、
親に負担がかからない制度となっています。

それから驚いた事は、幼い頃から万年筆に触れる事です。
鉛筆...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月12日

実際にフランスで暮らした著者が 日本でも役立てそうな生活の知恵をまとめているすごくいいエッセイ。 元々 新聞社で働いていたということもあって言葉の使い方がうまい。

朝食はとにかく 手のかからないものを週末はご馳走を食べて田舎に行く 芸術を大事にするなどワーキングマザーとして 参考になる箇所が多かっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月10日

この本を読むと、パリってすばらしい! パリで子育てしたいな~という気持ちになります。

けれども一方で、パリを称賛するだけでなく、パリ生活で感じた不便な点や、パリの社会制度と日本の社会制度を比べて、パリの劣るところ(もしくは不便なところ)なども挙げてもらえると、より深みのある本になるかと感じました。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play