ライオンはとてつもなく不味い<ヴィジュアル版>

ライオンはとてつもなく不味い<ヴィジュアル版>

作者名 :
通常価格 1,287円 (1,170円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

あらゆる関係が「弱肉強食」で決まるアフリカの原野。弱ったものは瞬く間に被食の対象となる彼の地で、ライオンなどの大型肉食獣は衰えと共に最期を迎えることも多いという……。その理由は「とてつもなく不味い」から。赤茶色の乾いた大地、縦横無尽に駆ける野生動物、そしてそこに身を投じる人間……。そこでは、生きることのすべてがサバイバルだ。大自然を貫く「生」の本質とは? ひとつひとつの瞬間を、幼少期より人生の多くをアフリカで過ごした異色の経歴を持つ写真家が、貴重な写真と文章で綴る。【目次】はじめに――フィールドでの一日/CHAPTER1 アフリカについて/CHAPTER2 動物たちは日々、生き残りを懸けている/CHAPTER3 フィールドでのサバイバル術/CHAPTER4 アフリカに命の輝きを求めて/CHAPTER5 南部アフリカに見る人間と自然との関係/おわりに――なぜアフリカで写真を撮り続けるのか

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
200ページ
電子版発売日
2016年10月21日
紙の本の発売
2016年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
31MB

ライオンはとてつもなく不味い<ヴィジュアル版> のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年02月12日

    注目の同世代動物写真家、山形豪の著書。
    トークショーで聞いた話も入っていてとても面白かった。
    野生動物のくだりはただ面白く読めたが、民族や種の保存のあたりの話は著者ならではの視点が多く語られており、日本でぬくぬく生きている我々こそが知らなくてはいけないのではないかと思う現実を多く突きつけられた思いが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月26日

    書店にて、偶然に出会った本です。
    タイトルを読みながら、「当たり前でしょ。人間が美味しいと日常的に食べているお肉は
    ほとんど、植物性の餌を食べているのですからね。しかも運動不足の……。
    さぞや百獣の王のお肉は不味いでしょ。ごめんね。ライオン君。」と呟く。

    山形豪氏は、群馬県生まれ。少年時代を中米...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月23日

    ワニ、カンガルー、カメレオン、トナカイ。日本の精肉店の店頭には
    並ばない動物の肉を食べて来た。だから、新刊書店で本書を見た
    時、いろんな野生動物を食べた記録なのかな?と思ってタイトル
    買いした。

    ライオンの肉ってどうやって食べるのかな?ステーキかな?まさか
    生肉では食べないよねぇ。何かと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています