異世界コンシェルジュ ~ねこのしっぽ亭営業日誌~2

異世界コンシェルジュ ~ねこのしっぽ亭営業日誌~2

作者名 :
通常価格 1,265円 (1,150円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

異世界にトリップした佐藤恭一郎は、ネコミミ少女メオに助けられた恩を返すため、彼女の営む食堂「ねこのしっぽ亭」の再建を決意。現代日本の料理知識を活かしたメニューを考案し、瞬く間にかつての賑わいを取り戻すことに成功する。そんなある日の営業中、街のお祭りが話題にのぼった。お祭りで売る新メニューを考える恭一郎が、ふと目に入った芋を揚げて常連客に出してみると、これが大好評! なんと、この世界には「揚げる」という概念がなかったのだ! 新メニュー揚げ物で、異世界に料理革命が起こる!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
アルファポリス
掲載誌・レーベル
アルファポリス
ページ数
304ページ
電子版発売日
2016年10月13日
紙の本の発売
2015年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

異世界コンシェルジュ ~ねこのしっぽ亭営業日誌~2 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年03月27日

    小さな居候はついに学校へ。
    そしてお祭りが近づいてきた。

    3人だけかと…いや、肉屋の人もいますけど
    これで終了するのかと思ったら、驚きの子供連が!
    まぁ一人はどうか分かりませんけど、もう一人は
    明らかに好意を持ってますよね?! な状態。
    ライバルがこうも増えていくのはどうなのでしょう?

    吟遊詩人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

異世界コンシェルジュ~ねこのしっぽ亭営業日誌~ のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 異世界コンシェルジュ ~ねこのしっぽ亭営業日誌~
    ネットで大人気! ほのぼの大衆食堂ファンタジー、待望の書籍化!世の中に絶望し、崖の下へと身を投げた佐藤恭一郎は、目を覚ますと何故か異世界の森で倒れていた。森をさまよい、行き倒れた彼を助けたのは、つぶれかけの食堂「ねこのしっぽ亭」を営むネコミミ少女メオ。恭一郎は、彼女への恩返しのために「ねこのしっぽ亭」の再興を決意し、現代日本の知識を使った新メニューで勝負に出る。果たして彼の料理は異世界で通用するのか――?
  • 異世界コンシェルジュ ~ねこのしっぽ亭営業日誌~2
    異世界にトリップした佐藤恭一郎は、ネコミミ少女メオに助けられた恩を返すため、彼女の営む食堂「ねこのしっぽ亭」の再建を決意。現代日本の料理知識を活かしたメニューを考案し、瞬く間にかつての賑わいを取り戻すことに成功する。そんなある日の営業中、街のお祭りが話題にのぼった。お祭りで売る新メニューを考える恭一郎が、ふと目に入った芋を揚げて常連客に出してみると、これが大好評! なんと、この世界には「揚げる」という概念がなかったのだ! 新メニュー揚げ物で、異世界に料理革命が起こる!?
  • 異世界コンシェルジュ ~ねこのしっぽ亭営業日誌~3
    異世界にトリップした佐藤恭一郎は、ネコミミ少女メオに助けられた恩を返すため、彼女の営む食堂「ねこのしっぽ亭」を手伝うことになった。現代日本の知識で「ねこのしっぽ亭」を人気店に成長させた恭一郎。彼は貴族の娘シャロン・ロプスにその手腕を買われ、超高級ホテルグランドシャロンで働き始める。そんなある日、アキタリア皇国の皇女サリアがホテルを訪れた。そこに、彼女との商談を成功させたいという貴族が現れ、会食の席を任されることに――。はたして日本の料理と接客術は、異世界の姫に通用するのか!?
  • 異世界コンシェルジュ ~ねこのしっぽ亭営業日誌~4
    異世界にトリップし、潰れかけの大衆食堂「ねこのしっぽ亭」を立て直した佐藤恭一郎。その活躍により、超高級ホテルのフロアチーフに抜擢された彼は、ある日ホテルの新事業として結婚式場の提供を発案する。しかし、異世界では日本のような結婚式は前代未聞。そのため、新郎役に恭一郎、新婦役に恭一郎の選んだ人を立て、日本の模擬結婚式をお披露目することになった。新婦役立候補者は2人。彼女たちが激しく火花を散らすなか、恭一郎は無事新婦役を選び、異世界住人に“結婚式の魅力”を伝えることができるのか!?
  • 異世界コンシェルジュ ~ねこのしっぽ亭営業日誌~5
    異世界の大衆食堂「ねこのしっぽ亭」を手伝うかたわら、超高級ホテルにも勤める佐藤恭一郎。ある日、彼はホテルのオーナーに呼ばれ、料理大会への出場を依頼される。その大会の実態は、オーナー家の跡継ぎ争いの代理戦だった。敵に材料を買い占められ悩んだ恭一郎は、市場であるものに目を留める。それは異世界人からすれば、とても食材とは思えない代物。起死回生をかけた一品で、恭一郎は勝負に出る!
  • 異世界コンシェルジュ ~ねこのしっぽ亭営業日誌~6
    ほのぼの異世界大衆食堂ファンタジー完結編!大衆食堂「ねこのしっぽ亭」と超高級ホテルで働く佐藤恭一郎は、その活躍を認められ、ついに爵位と領地を持つまでになった。そんな折、突然、恭一郎の前に日本にいるはずの元恋人が現れる。彼女の助言で新製品の開発にも成功し、ますます順風満帆な異世界生活を送る恭一郎。しかし、彼女から「一緒に日本に帰れることになった」と告げられ、恭一郎は決断を迫られる――

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています