待ちつづける動物たち――福島第一原発20キロ圏内のそれから

待ちつづける動物たち――福島第一原発20キロ圏内のそれから

作者名 :
通常価格 1,120円 (1,019円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

大反響の福島第一原発20キロ圏内で助けを待ち続ける、動物たちの写真集『のこされた動物たち』の続編。

東北の寒い冬、食べ物のなくなった土地で命をつなぐ犬猫。生き残った牛たちが迎えた悲しい結末。
震災から一年、報道されることのない原発20キロ圏内の現実を伝える。

カテゴリ
写真集
ジャンル
動物
出版社
飛鳥新社
ページ数
128ページ
電子版発売日
2016年09月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
79MB

待ちつづける動物たち――福島第一原発20キロ圏内のそれから のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年02月05日

    震災から4か月~10か月後の状況が記された本。
    私がこの写真集を読んだのは出版時からさらに1年近く経ってからだが、著者のブログによると今も現状に大きな変化はないそうだ・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月03日

    福島第一原発20キロ圏内に残された動物たち。

    彼等の置かれている状況の過酷さ・・・
    写真と添えられた説明によって、
    現実の一部だけでも知ることができます。

    偶然見つけた太田さんのブログに、
    頭をガツンと殴られたような衝撃を受けました。
    そこで知ったこの本。

    知らなければ知らないままでいるほうが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月28日

    こういう事態を起こすリスクをもった原子力は要らない。読むとつくづく思う。
    一匹でも多く救われますように。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月16日

    悔しい。悲しい。
    今も、飢えと乾きと寒さでたくさんの命が苦しんでいる。

    原発事故のために家族と引き裂かれ、置き去りにされた動物たちは、
    苦しみぬきながらそれでも待ち続けている。
    ふたたび愛する人の腕に抱かれる時を待っている。

    戦争経験者のある作家が、
    もっとも苦しい死に方は、銃殺や爆死なんかじゃ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月03日

    130604-with『ゼロ』
    顔の表情、体つきが切ない。041
    飼い主と毎朝歩いたあの堤防を、歩いている。健気。寂しいのだろうな。045
    そのくるみミニチュアダックスが保護直後亡くなった。半年もの間、いとりぼっっちで生きてきた。歩く写真が涙出る。054-5
    餌もなく減りなり、死に向かう牛たち。彼ら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月22日

    前作『のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録』の『その後』を追った写真集です。なんというのか…。被災地に残された動物たちのたどった過酷な運命をこうして突きつけられると気持ちが重くなります。

    前著、『のこされた動物たち』の続編にあたる写真文集です。福島第一原発20キロ圏内で生き残っている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月20日

    一瞬、分からない写真もよく見ると…悲しいことだが、納得せざるを得ない。『のこされた動物たち』よりショッキング。しかし、これが現実なんだな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年05月06日

    衝撃的には前作の方が上。

    でも。
    あれから一年経とうとしている過程での惨状。
    tvでは決して放映していない事実。
    日本にある原発が全て停止した今、だからこそ考えなければいけないのではないだろうか?
    こういう状況になったのは『誰の所為』ではなくて、個人で考えていくべき問題。

    殺処分された家畜達。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています