荷風になりたい~不良老人指南~ 1
  • 完結

荷風になりたい~不良老人指南~ 1

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 607円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

『女帝』『夜王』の原作者・倉科遼が憧れる人がいる。それは、三島由紀夫が憧れ、谷崎潤一郎が師に仰いだ、明治・大正・昭和を生きた文豪・永井荷風であった――!! 生涯何物にも囚われず自由を享受し、男のわがままを貫き通した荷風のように、男としてありのままに、本能のままに生きてみないか? “夜の帝王”倉科遼が物語り、当代最高の官能絵師・ケン月影が描くセンセーショナル告白漫画。いま“夜の帝王”が、そのすべてを赤裸々に告白する――!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミック
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年10月28日
紙の本の発売
2016年09月
サイズ(目安)
49MB

荷風になりたい~不良老人指南~ 1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年10月09日

    永井荷風作品は読んだことはありませんが、今、文豪にハマっていてどんな人間なのだろうと買ったのだけど、こじらせてました。例にももれず。文豪に見られる何かしらのこじらせ。

    このレビューは参考になりましたか?

荷風になりたい~不良老人指南~ のシリーズ作品 全4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 荷風になりたい~不良老人指南~ 1
    完結
    『女帝』『夜王』の原作者・倉科遼が憧れる人がいる。それは、三島由紀夫が憧れ、谷崎潤一郎が師に仰いだ、明治・大正・昭和を生きた文豪・永井荷風であった――!! 生涯何物にも囚われず自由を享受し、男のわがままを貫き通した荷風のように、男としてありのままに、本能のままに生きてみないか? “夜の帝王”倉科遼が物語り、当代最高の官能絵師・ケン月影が描くセンセーショナル告白漫画。いま“夜の帝王”が、そのすべてを赤裸々に告白する――!
  • 荷風になりたい~不良老人指南~ 2
    完結
    第二幕「荷風のあがき」開幕!!! 青年期の葛藤(かっとう)を乗り越えた荷風の壮年期!! 41歳の荷風は麻布市兵衛町(現・六本木一丁目)に 洋館「偏奇館」を新築し、“終(つい)の棲家(すみか)”とする。 表向きは、作家業に専念する家であったはずである。 だが、“人間の本能”とどこまでも向き合った荷風のことだ。 そう簡単に行くはずがない。 壮年期を迎えた“荷風のあがき”が、いま始まる――― 事実と永井荷風作品を基にした 評伝的フィクション第2集!!
  • 荷風になりたい~不良老人指南~ 3
    完結
    老境を迎えた荷風が向かったのは、隅田川の向こう側・墨東。 そこにある玉の井銘酒屋街に通い詰めた荷風は、 お雪という私娼に出逢い、恋に落ちる――それは、まさしく 「自分の人生には文学と恋しかない」と言った荷風の最後の恋だった。 さらに、原作者・倉科遼の『女帝』誕生秘話を本邦初告白。 さらにさらに、週刊ポスト掲載の『荷風になりたい』特別編も所収。 枯れた男を赤裸々に描く話題作、一気にヤマ場へ!!
  • 荷風になりたい~不良老人指南~ 4
    完結
    偏奇館から焼け出され、 命からがら西へと逃れた荷風。 戦後、荷風は その伝説的な死を迎えるまで 荷風らしくその人生を生き抜けた。 最終章・第4部 [荷風の永遠]開幕!!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています