江戸時代の数学最前線~和算から見た行列式~

江戸時代の数学最前線~和算から見た行列式~

作者名 :
通常価格 1,738円 (1,580円+税)
獲得ポイント

8pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

和算研究の先駆けとなった関孝和は,高次の連立方程式の解法(いまでいう行列式)を,微分積分を作り上げたライプニッツよりも早く発見していました。本書では,関孝和がどのようにして方程式を解いたのかを解説します。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
技術評論社
ページ数
223ページ
電子版発売日
2016年09月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
20MB

関連タグ:

江戸時代の数学最前線~和算から見た行列式~ のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています