T.レビット マーケティング論

T.レビット マーケティング論

作者名 :
通常価格 4,752円 (4,320円+税)
獲得ポイント

23pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

T.レビットがHarvard Business Review誌に寄稿した論文をすべて収め、年代順に編んだ論文集。発表時期も40年にわたる。これらの論文を通して、レビットが常にビジネスを見つめ、マーケティングの変化を促してきたことを窺い知ることができる。未訳であった7本、2001年に行なわれたロング・インタビューを加え、その思想の全体に触れられる永久保存版。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / マーケティング・セールス
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
648ページ
電子版発売日
2016年09月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

関連タグ:

T.レビット マーケティング論 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年03月06日

    マーケティング論の本質を学ぶことができた.
    本書はセオドア・レビット(マーケティング界の巨匠)が「ハーバード・ビジネス・レビュー」に投稿した全論文およびインタビュー内容のまとめたもの.
    ページ数が625ページと多く,また難解な表現も多いため,読み終えるのに時間を要した.内容は理解しやすかった.

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月27日

    この本の素晴らしい点は、ほとんど特別なことを語っていないにも関わらず感心させられるというところにある。
    当然考えるべきことでありながら多くの人々が見落としがちであるというポイントをピンポイントで指摘するという洞察は本当に素晴らしい。
    有名なマーケティング近視眼をはじめ、広告やブランディングなど領域も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    マーケティングを学ぶ人にとっては必読の本です。
    グローバル・マーケティングの定義を最初に唱えたレビットはコトラーとならぶマーケティング界を代表する学者です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月27日

    こちらも改めてマーケティングとはなんぞや?と勉強するため。

    驚いたのは、まあそうだよね、って内容の連続だった事。
    1960's,70'sに書かれた本にも関わらず、当時はそうだったのかって感想ではなく最近のマーケティング本と言っていることが変わらないから「面白くないなあ」と感じた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月21日

    マーケティングの歴史から、分かりやすい理論の展開など、とても内容の詰まった名著。価格以上のお買い得感がありました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています