May探偵プリコロの帰還
  • 完結

May探偵プリコロの帰還

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人気沸騰!! 新ジャンル「脱力系」推理漫画! ヨーロッパの小国・コロネラの王子様プリンス=コロネットは、推理小説好きが高じて自ら事務所を構え、免許を発行させ、念願の“探偵”となった。密室で刺殺された実業家、背後から射殺されたやり手のヒットマン、毒殺された大臣、なぜか明かりが点滅していたホテルの部屋で殺された大富豪……。さまざまな事件そして、恋の予感がプリコロを待ち受ける。事件の数だけ失恋続く!? 自称名探偵プリコロの、脱力系推理漫画シリーズ第5弾! 今回の難事件は 完全密室殺人事件/回る音の謎/コロネラワイン毒殺事件/窓の明かりの謎 の4つ。 今回は超有名人!パタリロ国王も登場!?

ジャンル
出版社
祥伝社
ページ数
164ページ
電子版発売日
2016年08月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
49MB

May探偵プリコロの帰還 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年09月06日

    推理は外しながら真相は当ててしまうという毎回ワンパターンかが完了しているので、それ以外の部分を楽しみながら読むけど、それ以外の部分は好きになってはふられての繰り返しの気配が…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月09日

    出版社が変更になって、プリコロが装いも新たに登場しました。

    で、タイトルが某名探偵のもじりなのは、同じ名前を出版社跨いで使う訳にはいかないからだとか。
    と云う、オトナな事情はどうでもいいとして。
    (でも、1巻となってないから、続巻は冒険とか何とか付くのかな?)

    この漫画、魔夜さん初のWeb連載作...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月06日

    その推理は完全に間違っているのに,見当はずれの推理で正しく犯人を特定してしまう自称名探偵プリコロ.最近のパタリロ!と同様にあっさりした画.
    ミステリ・コミックでありながら推理が外れるという形式は新機軸として面白いが,これだけで押し続けるのはちょっと辛い.パタリロ!にみられるようなヨコ道にどんどんそれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年10月07日

    推理の筋道はいつも間違っているが、なぜか真犯人にたどりついてしまう。そんな探偵(王子)の物語第5弾。

    やはり設定がすばらしいのですが、今回はマリネラ王国のパタリロ国王が、回想シーンながら出てきて、ちょっとうれしかったです。

    本編では、ロジックやトリックが以前より磨きがかかってきたように感じました...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています