戦略を形にする思考術 レゴ(R)シリアスプレイ(R)で組織はよみがえる

戦略を形にする思考術 レゴ(R)シリアスプレイ(R)で組織はよみがえる

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2014年には売上約5000億円を達成した世界の玩具トップメーカー。子どもたちを夢中にするレゴが、実はビジネスシーンで活躍中だ。レゴを使って抽象的な思考を可視化し、スムーズな会議とソリューション能力を鍛えるプログラム「レゴ(R)シリアスプレイ(R)」が、企業や教育機関のワークショップで活用されている。レゴ社の教育事業部門にいた著者はいかにしてプログラムを完成させたのか、数々の事例とともに語る、教育プログラム入門の書。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
徳間書店
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年07月29日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

戦略を形にする思考術 レゴ(R)シリアスプレイ(R)で組織はよみがえる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月15日

    レゴブロックって、娘が小さいときにバケツに入っている大きめのを購入した記憶がある。それから、富士山とかスカイツリーだとかをなかり大きいサイズで再現している展覧会?にも、行ったことがある。
    このレゴブロックを使って、組織のコミュニケーション能力や問題解決能力のアップを目指すんだそうです。レゴ社でそんな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    面白いですね。
    レゴを使った作業を入れることで、自分の中に入り混む、自分と対話する時間を作る。
    その作ったレゴを使って、ストーリーを話してもらうことで、
    自分の知らかなかった自分のことに気づける。
    ただ、4日間のファシリテーション研修は大変そうですね^^;

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月31日

    レゴを使ったアイディアや価値観を可視化するメソッド。手を使って何かを表現したり、物に語らせたりすることで、心の底に眠っているモヤモヤした思いを理解できるというもの。なかなか意見を表に出さない人でもこれを使えばワークショップ等に参加しやすく、チームの意思疎通や全員参加を実現しやすくなる。この手法、興味...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月25日

    「レゴシリアスプレイ」という研修プログラムの紹介本です。
    実際にワタクシはこの研修は受けてないのですよ。
    それでもその仕組みとか興味があって、書籍を買ってみました。
    結果的には「受講しないと分からん!」でしたが!(笑)
    当たり前ですね。と言いつつ「なぜシリアスプレイを作ろうと思ったのか?」
    「どうい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月21日

    レゴ好きとして、レゴが仕事に役立つならと興味を持って読んだ本。
    チームビルディングやブレストにレゴを使うといいという紹介でした。言葉で表現できない右脳部分の思考をレゴで具現化して、あとで説明を左脳でしていくという手法を取ることにより、普段会議中に意見することのない人からも貴重なコメントを引き出せるの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月12日

    佐宗邦威(さそうくにたけ)著作の『直観と論理をつなぐ思考法』にレゴシリアスプレイ(LSP)が紹介されており、具体的に知りたく、自分がVUCAの時代に何をすべきか見つめなおす良い方法だと思ったため、購読。
    結論としては、ファシリテーターがいなければLSPを完全に使いこなせないことがよく分かった。こうい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月17日

    レゴシリアスプレイというメソッドに関する著作。方法論の本かと思いきや、そこはさわりで、本質はこのプログラムの設計についての背景、理念について。LSPに関してはやはり素人がなんとなくマネできるものではないことが分かった。ただし、是非ワークショップを受けて、ファシリテーターになりたいと感じた。LSP開発...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています