マイダスタッチ~内閣府超常経済犯罪対策課~

マイダスタッチ~内閣府超常経済犯罪対策課~

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
紙の本 [参考] 652円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

超・近未来の超常経済犯罪捜査ファイル!

 国民ナンバー制度の導入以降、経済格差が拡大した日本。
苦しい生活を強いられた人々の中からは、お金に関連した異能力「マイダスタッチ」を得る者が出始めた。それ以降、異能力を用いた犯罪が多発し、その犯罪を組織的に行う「アライアンス」が結成されていった。

 彼らを取り締まるために設置された超常経済犯罪対策室・通称「エイプス」。そこに所属するドケチでモテない職員、水町袈裟郎は父親をアライアンスに殺され、その犯人を追い求めていた。しかし、その足取りは掴めぬまま。

 そんなある日、お金を爆発させる能力者が立てこもった現場で運命の出会いを果たす。大富豪・一万田家の令嬢、一万田こがねである。自分が使ったお金のキャッシュフローを認識できる「マイダスタッチ」を持つ彼女は、エイプスにその能力を買われて袈裟郎とコンビを組む。そして二人は事件を捜査していく内に、国を巻き込んだ恐ろしい陰謀を知る――。

 果たして袈裟郎は、父を殺した犯人を見つけ出し、こがねと共に国家の破綻を止めることができるのか!

 アニメ『ONE PIECE』のテレビシリーズ脚本を手がけるなど、気鋭の脚本家・ますもとたくやが送る、異能経済クライムシリーズ開幕!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / ガガガ文庫
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ガガガ文庫
ページ数
296ページ
電子版発売日
2016年07月29日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

マイダスタッチ~内閣府超常経済犯罪対策課~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年08月15日

    途中で誰が犯人かわかったし、クライマックスに少し難がある感じだか、楽しく読めました。この作者の別のペンネームで、升本九八「圓さん、天下を回る」の方が面白かった。次作に期待します!

    このレビューは参考になりましたか?

マイダスタッチ のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • マイダスタッチ~内閣府超常経済犯罪対策課~
    超・近未来の超常経済犯罪捜査ファイル!  国民ナンバー制度の導入以降、経済格差が拡大した日本。 苦しい生活を強いられた人々の中からは、お金に関連した異能力「マイダスタッチ」を得る者が出始めた。それ以降、異能力を用いた犯罪が多発し、その犯罪を組織的に行う「アライアンス」が結成されていった。  彼らを取り締まるために設置された超常経済犯罪対策室・通称「エイプス」。そこに所属するド...
  • マイダスタッチ2~内閣府超常経済犯罪対策課~
    劣化する通貨とは。新たな経済犯罪に挑む。 国民ナンバー制度の導入以降、経済格差が拡大した日本。 その環境下で生まれた「マイダスタッチ」と呼ばれる経済異能。 それに伴う異能経済犯罪に対抗するために、専門捜査部署・エイプスが正式に発足した。 彼らが犯罪を追う日々のなか、閑静な住宅街の一角にある豪邸で、一人の老人の腐乱死体が見つかった。 その捜査の中で、若きエイプス職員・水町袈裟郎は...
  • マイダスタッチ3~内閣府超常経済犯罪対策課~
    カジノに潜む甘い罠。エイプス最大の事件。  国民ナンバー制度の導入以降、経済格差が拡大した日本。その環境下で生まれた「マイダスタッチ」と呼ばれる経済異能。それに対する異能経済犯罪専門捜査部署・エイプスは日々奮闘を続けていた。  そしていま彼らが向かうのは、真っ暗な夜の大阪湾に、色とりどりの照明が輝く島。人工島「夢洲」。長らく議論になっていたカジノ法案がようやく国会を通過し、...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています