101年目の高校野球「いまどき世代」の力を引き出す監督たち

101年目の高校野球「いまどき世代」の力を引き出す監督たち

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

次の100年に向けて歩みを始めた高校野球。
勝利と教育のどちらも追い求める指導者13名の
「いまどき世代への指導法」とは―。

2015年に100周年を迎えた夏の甲子園。
時代背景とともに指導方法も移り変わり、
「根性」「理不尽」「忍耐」「スパルタ」といった言葉よりも
「自主性」「主体性」「自立」などの言葉がよく聞かれるようになった。

ただ、一方で「厳しい指導ができなくなった」
「最近の子は我慢強さがない」「打たれ弱い」という
悩みを抱えている指導者も多くいると聞く。

「ゆとり世代」「スマホ世代」「さとり世代」など
さまざまな呼び方をされる、いまどきの高校生。

果たして、彼らの力を引き出すにはどんな指導が必要になるのだろうか―。


-目次-

■大渕隆×本村幸雄(北海道日本ハムファイターズ)
■馬淵史郎(明徳義塾)
■森士(浦和学院)
■長尾健司(高松商)
■佐々木順一朗(仙台育英)×須江航(仙台育英秀光中)
■狭間善徳(明石商)
■中山顕(日立一)
■平田隆康(向上)
■齊藤博久(桐蔭横浜大)
■渡辺元智(横浜)×上田誠(慶應義塾)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
スポーツ・アウトドア / スポーツ
出版社
インプレス
ページ数
288ページ
電子版発売日
2016年07月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
17MB

101年目の高校野球「いまどき世代」の力を引き出す監督たち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年05月05日

    若い人の指導にヒントがつかめると思ったがそうでもなかった。常連校の育成方針はテキサスに感じた。表面だけまねてもうまくいかない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています