秦氏の謎とユダヤ人渡来伝説

秦氏の謎とユダヤ人渡来伝説

作者名 :
通常価格 599円 (545円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

二千年以上前に、日本からはるか彼方の地からユダヤ人が渡来していた? そんな馬鹿な、と多くの人は思うだろう。しかし、イスラエルから九千キロ以上離れた日本に、なぜかユダヤ教の『創世記』の記述そっくりの祭りがあったり、記紀の神話とよく似たエピソードが存在していたり、偶然にしては出来過ぎている類似点が数多くあるのだ。渡来人は中国や朝鮮から来たと思われているが、実はより広範囲の土地から渡って来たのかも知れない。太秦や八幡宮とも所縁の深い秦氏は、ユダヤ系だったのではないか? ●虎がいない日本でなぜ、「虎の巻」なのか●神輿と瓜二つの「アーク(契約の箱)」●イスラエルにある菊の紋●「ガリラヤ湖」と「琵琶湖」●ダビデという名の神社●四国にある古代イスラエルの礼拝所と忌部氏 日本人は失われた十部族なのか?

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年06月10日
紙の本の発売
2016年06月
サイズ(目安)
20MB

関連タグ:

秦氏の謎とユダヤ人渡来伝説 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年09月16日

    トゥケイヤー氏の著作に続き、ユダヤと古代日本との関わりを考察した本は二冊目。
    ただの偶然とは言いがたい言葉や儀式の一致が、本当にユダヤ系民族、もしくはその風俗と言語を操る人々が日本に渡ってきた可能性があると、信じたくなる。私も子供の時に何故山に向かってヤッホーというのか、天狗の顔は何故赤いのかなど、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月19日

    この手の本を読み続けているが、ユダヤと日本の風習の類似点について縷々述べられている。そこはこれまで読んできたものでも分かるのだが、どうやってきたのか、どのような経緯でその繋がりが見えにくくなっているのかという点を深掘りして欲しかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています