ナノテク革命と低炭素経済がもたらす活況に沸く巨大都市。突如起こった、犠牲者ゼロの奇妙な自爆テロの真相とは? ボットを操り、テロ現場にいた謎のドローンを追う探偵志望の少年、AIが飛び交う国際金融市場に一大詐欺をしかけるトレーダー、革命的ナノテク技術の研究者と出会った新米マーケッター、伝説の「蜜人」を探す美術商……東洋と西洋、過去と未来、科学と神秘が混じりあう千年都市を舞台に描かれる、緻密にして壮大な未来世界のリアルなヴィジョン。キャンベル記念賞と英国SF協会賞をダブル受賞した、至近未来SFの傑作登場!

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元SF文庫
ページ数
425ページ
電子版発売日
2016年06月01日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 旋舞の千年都市 上
    通常版 1巻 1,300円(税込)
    ナノテク革命と低炭素経済がもたらす活況に沸く巨大都市。突如起こった、犠牲者ゼロの奇妙な自爆テロの真相とは? ボットを操り、テロ現場にいた謎のドローンを追う探偵志望の少年、AIが飛び交う国際金...
  • 旋舞の千年都市 下
    通常版 2巻 1,300円(税込)
    計画実現を目前に窮地に陥るトレーダー。少年探偵はボットを駆使してドローンの足跡を追い、政府のシンクタンクに招かれた老経済学者は独自の理論でテロの真相に迫る。新米マーケッターはナノテクによる新...

旋舞の千年都市 上

Posted by ブクログ 2017年02月17日

沢山の登場人物たちが少しずつ絡んでいる話なのは分かった。
でも、そのせいか時間の変化が分かりづらくて、話が進んでいるという感覚があまり感じられなかった。
最新の科学技術と昔からのエスニックな感じはすごい緻密に描かれていた。
とりあえず下巻も読みたい。

このレビューは参考になりましたか?