壊れかけた記憶、持続する自我 「やっかいな友人」としての高次脳機能障害

壊れかけた記憶、持続する自我 「やっかいな友人」としての高次脳機能障害

作者名 :
通常価格 1,155円 (1,050円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

高次脳機能障害は外見からはわかりづらく、理解されにくい障害である。本書は、高次脳機能障害を負った医師が自らの障害を見つめ生活していくなかで、障害があっても前向きに生きていけること、そして介護・リハビリ等の支援に何が必要なのかを書き記したものである。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 福祉
出版社
中央法規出版
ページ数
170ページ
電子版発売日
2016年05月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

壊れかけた記憶、持続する自我 「やっかいな友人」としての高次脳機能障害 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年10月26日

    数度の脳出血で高次脳機能障害となった方の著書です。

    見た目には普通に社会生活を送っているように見えても、半身の感覚が失われることがあったり、遠近感がつかめなかったり、直前の記憶がなくなったりしてしまう苦悩。でも著者は諦めてもいませんし、恥ずかしいとも思わない。

    周辺にいる私たちは、見た目には「普...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています