泉鏡花 現代語訳集13 化銀杏

泉鏡花 現代語訳集13 化銀杏

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【あらすじ】

北陸に旅行して、何かのついでに金沢をお通りになる時、もしあなたが珍しいものを好む心をお持ちならば、「化銀杏の旅館」にお泊まりになるといい。

寝床に入って、夜半の鐘声が森と聞こえ、凄まじい風がざッと吹いて身に沁みる時、長い廊下の最端に、ひたひたと足音が起こり、夜の寂寞を破って近づき来たり、障子の外に黒い影がさッと映って、諸君の寝息を窺うことだろう。

その時、静かにしていなされば、影はすッと障子を開けて、後ろ向きに銀杏返しの髪を見せたまま、諸君の枕辺に近づくはずだ。

諸君が真っ白な細い顔立ちを一目見て、思わずぞッとなさると同時に、影は行燈の火を吹っ消して、闇の中を走り去る…

本作はこの幽霊の謂われを物語る。


【あとがき より】

本書は、明治後期から昭和の初めにかけて活躍した作家、泉鏡花(1873-1939)の作品の現代語訳である。

鏡花の作品世界に満ち溢れる、美妙幽玄な魅力を音に聞き、それを味わってみようと足を踏み入れたものの、特異な文体によって描き出される風景の綺羅のような輝きに目を眩まされ、道半ばで現の世に戻らざるを得なかった人はけっして少なくないだろう。

訳者が目指したのは、現代の一般的読者が、大きな困難を感じることなく、内容を把握しながら読み通すことのできる文章に仕上げることであった…


【訳者略歴】

白水 銀雪(しろみ ぎんせつ)

慶應義塾大学大学院博士課程中退(専攻:数学)

システムエンジニア・プロジェクトマネージャー・コンサルタントとして、宇宙分野を中心とする科学技術系システム開発に従事

現在、蓼科にて山暮らし

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内文学
出版社
BCCKS Distribution
掲載誌・レーベル
銀雪書房
シリーズ
泉鏡花 現代語訳集シリーズ
電子版発売日
2016年04月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

泉鏡花 現代語訳集13 化銀杏 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

泉鏡花 現代語訳集13 化銀杏 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

銀雪書房 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

作者のこれもおすすめ

吉原新話

吉原新話

無料あり
  • 試し読み

愛と婚姻

愛と婚姻

無料あり
  • 試し読み

悪獣篇

悪獣篇

無料あり
  • 試し読み

芥川竜之介氏を弔ふ

芥川竜之介氏を弔ふ

無料あり
  • 試し読み

紫陽花

紫陽花

無料あり
  • 試し読み

雨ばけ

雨ばけ

無料あり
  • 試し読み

遺稿

遺稿

無料あり
  • 試し読み

泉鏡花

泉鏡花

  • 試し読み