近未来ノベル 東京大津波 東海・東南海連鎖地震、ついに発生す!

近未来ノベル 東京大津波 東海・東南海連鎖地震、ついに発生す!

作者名 :
通常価格 589円 (536円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「新橋と銀座が水没した!」全身ずぶ濡れの男女が震える声で告げると、思わず秋川の背筋が寒くなった。新橋から日本橋にかけて高さ数メートルの浸水があった場合、とてつもない数の地下鉄の路線がまともに影響を受けるはずである。「日比谷線、銀座線、丸ノ内線、千代田線、都営浅草線、大江戸線、有楽町線、東西線、都営新宿線、都営三田線……ほとんどがやられるぞ!」。休日ダイヤとは言っても、50本や60本の電車が地下で水没する事を意味している。乗客が助かる可能性など、ほとんど考えられなかった――。200X年3月、震度7強を記録した東海・東南海連鎖地震は、次の瞬間、10メートルを遥かに越える“大津波”に姿を変えて、日本の太平洋沿岸を蹂躙していく。崩壊する街、逃げ惑う群集、悪化していく治安……。水に飲み込まれた大都市の恐怖を克明に描き、想定される未曾有の大災害に警鐘を鳴らした衝撃の近未来小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2016年04月08日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

近未来ノベル 東京大津波 東海・東南海連鎖地震、ついに発生す! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年02月08日

    4569663923 299p 2005・5・23 1版1刷
    ◎津波のシーンは東日本大震災を思い出す。
    小説としては大味な気がしますが著者のライフワークとしてみると各所にサバイバル(生存術)が多く見られる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月28日

    この本は、東海・東南海連鎖地震に伴う大津波が発生したという想定に基づきかかれた「小説」で、東日本大震災前の2005年に刊行されたものです。

    読んで一番残念に思ったことは、あとがきや参考資料等の記載がなく、この小説にあるようなことが実際に起きる可能性があるのか、それともまったくの作り話で起きる可能性...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています