花酔夢 ―皇帝の一途でいじわるな寵愛―

花酔夢 ―皇帝の一途でいじわるな寵愛―

作者名 :
通常価格 594円 (税込)
紙の本 [参考] 637円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

崔国の皇太子・叡綜に仕える女官の沙羅は、人間と花仙との間に生まれた娘。花仙が持つ〈伴侶の玉〉を叡綜に奪われたせいで彼の命令に逆らえなくなってしまった。日々、叡綜のいじわるに耐えていた沙羅は、叡綜が皇帝位を継いだ際に、妃候補の情報を探るために後宮に乗り込んだ。だが、後宮に渦巻く“陰の気”を関知した沙羅は、叡綜と共に後宮の女性たちをめぐる陰謀に巻き込まれて…!?

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2016年03月18日
紙の本の発売
2015年12月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年03月25日

おもしろかった。
一気に読めた。
適度に煌びやか。
傍からみればどう考えても両思いな2人が
ぐるぐる両方片思いしているお話。
まあ、当然ななりゆきにきゅんきゅんにまにま。

え?12歳の少女を誘拐監禁、さらに4年も養育!?
いや、光源氏やろっ!
とゆーつっこみも、当人が三拍子どころか5、6拍子そろっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年01月21日

皇太子と花仙っていう設定は面白いかなって思って買ってみました。

叡綜は牡丹の花仙の沙羅が楽しげに踊る姿に一目惚れして、沙羅を手に入れるために結構姑息な手段をとったのに、そのあとの接し方に不満が。
彼なりに理由はありましたけど、それが沙羅に伝わってないから、ちょっともやもやです。

沙羅も私の苦手な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています