総長への道 前篇

総長への道 前篇

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

激動の昭和初期。急速に発達する資本主義の波にのまれ、やくざは一介の暴力団と化しつつあった。そのなかにあって前田一家の代貸・不動は、昔ながらの仁義を貫き通す男のなかの男として名をあげていた。「あんな男になりてえなあ…」。不動にあこがれる造酒屋の若旦那・信次郎は、ひとりの博徒を殺し、極道の世界に足を踏み入れるが…。「男とは何か」を問う、任侠小説の白眉!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2016年03月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

総長への道 前篇 のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年08月23日

    一人の商人の若旦那が
    女との争い合いの罠にかかり、
    不可抗力ながらも殺人を犯してしまい
    それゆえに住んでいる地を追われ、やくざの世界へと
    入っていくのです。

    そこで待ち受けていたのは
    憧れの人間とそして、女にだらしない
    いかさま男や、さらに腹黒い、やくざたち。

    だんだんと彼は冴える頭によって
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

総長への道 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 総長への道 前篇
    726円(税込)
    激動の昭和初期。急速に発達する資本主義の波にのまれ、やくざは一介の暴力団と化しつつあった。そのなかにあって前田一家の代貸・不動は、昔ながらの仁義を貫き通す男のなかの男として名をあげていた。「あんな男になりてえなあ…」。不動にあこがれる造酒屋の若旦那・信次郎は、ひとりの博徒を殺し、極道の世界に足を踏み入れるが…。「男とは何か」を問う、任侠小説の白眉!
  • 総長への道 後篇
    682円(税込)
    金とヤクが男たちの価値観を変えた。昔からの仁義を守る者たちはいつしか押しやられ、闇市・賭場で荒稼ぎする新興暴力団がはぶりをきかすようになった。盛り場には香港のシンジケートが暗躍し、邪魔者は一発の銃声とともに消されていく。仁義の男・不動は時代を憂い、ついに総長の座に立つのだが!?殺(や)らなければ殺(や)られる! 仁義なき抗争の末、生き残るのは誰なのか―。昭和ロマン、やくざ小説の...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています