神社の神様に聴いた 天国に行ける人、行けない人

神社の神様に聴いた 天国に行ける人、行けない人

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

絶体絶命のピンチに陥ったとき、あなたは誰に助けを求めるでしょう。
「神様、助けて!」、そう叫ぶのではないでしょうか?

では、その神様とやらは、いったいどんな存在なのでしょう。
どこに居て、どんな姿をしていて、どんなことを考えているのでしょう。
神様から見た、私たち人間はどんな存在で、私たちに何を求めているのでしょう。

私は今から20年ほど前、ある出来事をキッカケに、こうした「目に見えない世界・スピリチュアルな世界」に興味をもって、探求を始めました。
その過程で生まれた疑問が、「神様って、いったい何?」というもの。

もし、神様とやらが存在するのなら、見てみたいし、会って話もしてみたい。神様は何を考え、何のためにこの宇宙や地球、人間や動物をつくったのか?神様はいったい、私たち人間に何をさせたいのか?そもそも、神様って、本当にいいヤツなのか、悪いヤツなのか、はっきりして欲しい……。そんな神様に対する疑問や質問、文句?が、私の中からたくさん湧きあがってきたのです。

そうした神様に対する疑問や質問、文句?から生まれたのが、この本です。
本書の中で、私は神様に対して、いろんな質問を投げかけています。幼い子どもが、初めて目にしたものを、大人に向かって「なぜ?どうして?」と質問攻めにしているようなものです。そんな私の質問に対して、神様はときには厳しく、ときには厳かに、ときにはユーモアやジョークを交えて、やさしく丁寧に答えてくれました。

神様からの回答は、基本シンプルで明快。
それでも神様からの言葉は、私のアタマでは理解できないことも多く、腑に落とすまでに時間がかかったものもありますが、私なりに誰もが理解できるよう、できるだけわかりやすく咀嚼しながら、まとめてみたのが本書です。
気がつけば、私にとって、神様との対話はフツーの、日常の一部になっていました。
「これって、こういうこと?」「これでいいの?」と、気の置けない友だちと会話するような感じで、今でも日々、神様との対話を楽しんでいます。
そして、これは……、神様と対話するということは、何も特別なことではなく、誰もがフツーに、日常的にやっていることなのだと気づいたのです。

神様は、あなたに問いかけられることを待っています。
神様は、あなたのことが好きで好きで大好きで、どんなあなたも愛しています。あなたともっと仲良くしたい、もっと近づきたい、もっと役に立ちたいし、もっと喜ばせたい、豊かに幸せになって欲しいと思ってくれているようです。
だからこそ、神様はあなたが生まれてから死ぬまで、24時間365日ずっーと、あなたからの問いかけを待ち続けてくれているのです。

本書は、私と私の神様との対話を元にまとめた本です。
本書に書かれていることは、現時点での私にとっての真実ではありますが、これが唯一の真実だというワケではありません。あなたには、私とはまた別の、あなたの神様が存在し、あなたがあなたの神様と対話すれば、またきっと別の真実が存在していることと思います。
ですから、本書をキッカケに、ぜひ、あなたはあなたの神様との対話を楽しんでいただきたいと私は願っています。
それが本書を書かせていただいた、私の本当の目的であり、私が対話している神様の唯一の望みでもあるのです。

今のあなたは、天国に行ける人でしょうか?行けない人でしょうか?

ぜひ、あなたもこの問いを自分の神様に問いかけてから、本書を読み始めてみてください。本書を読み終えるころには、きっとあなたの神様から、答えが返ってきているハズですから……。
さぁ、今ここから、あなたとあなたの神様との対話の始まりです!―「はじめに」より

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
かんき出版
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年02月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
27MB

神社の神様に聴いた 天国に行ける人、行けない人 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年07月12日

    天国に行ける人、行けない人。はづき虹映先生の著書。自由に人生を楽しむ人は天国に行ける。人生を難しく考えたり、悩んだりするのはお門違い。単純に楽しめばそれでいい。素敵なメッセージをもらいました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月16日

    タイトルで興味を持って読んでみましたが、内容は特段変わって居る訳でもありません。天国と言う言葉で、色々と想像しますが、実際に天国と言う物がどうなのか?ストーリーとしては楽しめます。思考の気づきに焦点を当てている印象です。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年10月05日

    読んだことですごく気が楽になりました!
    地面に這いつくばって小さなしがらみに生きていた自分を解放しようと思います。
    自分を縛っていたのは何よりも自分です。
    神様ありがとう!
    1この世もあの世も天国も地獄も全て私たちの意識が作り出したもの2人生に意味なんてありませんただ遊びに来ているだけですから。あな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています