英語屋さん ―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半―

英語屋さん ―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半―

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ソニーの平凡な一社員にすぎなかった著者は突然、会社創業者である井深大氏の「英語屋」=通訳兼カバン持ちに任命される。だが帰国子女でもなければ留学経験さえない著者は、海外の超一流のVIPを相手に自己流の英語術で奮闘する羽目に。井深氏の持論である幼児教育論や東洋医学のやたら難しい専門用語に冷や汗をかいたり、創業者らしい“格調高い”英語のスピーチの原稿を書き上げるのに四苦八苦したり…。本書はそのような著者の四年半にわたる経験を、井深氏およびその周辺の人々とのエピソードや、そこでつちかった英語力育成のノウハウを交えながら書き綴ったものである。【目次】第1部 新米英語屋の勉強帳/第1章 社内「英語屋」ハンティング/第2章 英文レターへのこだわり/第3章 悪戦苦闘の駆け出し通訳/第4章 キーワードは「創造」/第5章 アメリカへ!/コラム 忘れ得ない人々・その1 井深さんを支えた若手スタッフ/第2部 汝の主を知れ/第6章 どこでもついて行くカバン持ち/第7章 東洋医学と0歳教育/第8章 「井深さん流」英語上達法/第9章 井深さんへのファンレター/コラム 忘れ得ない人々・その2 大企業トップの秘書/第3部 英語屋の卒業論文/第10章 お客様、ご案内~!/第11章 VIPが会社にやってくる/第12章 ボクの通訳プレイバック/第13章 国王陛下を笑わせろ!/第14章 たかが英語屋、されど……/あとがきにかえて

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2015年12月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2019年01月03日

    古い本の整理をしていて、処分する前にもう一度読もうと思った本が何冊かある。ここのところ、そうした本を順に読んでいたりもするのだが、これもその内の一冊。

    著者が井深大ソニー名誉会長(当時)の通訳(兼カバン持ち)を務めていた頃のことを綴ったエッセイなのだが、さまざまな側面があり、非常に面白い。

    井深...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月09日

    SONY創業者・井深大の通訳兼鞄持ちとして4年半仕えた著者が当時を振り返り、ビジネスや品位が求められる場での英語のコミュニケーション術について語る新書。
    英語についてだけでなく、当時のSONYの社内エピソードや、井深氏の考えや理念のようなものもふんだんに書かれていて面白い。
    多少のバイアスがかかって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2007年03月05日

    著者の浦出さんがさいしょはソニー創業者だった井深さんのあとをちょこちょこついてまわっていてかわいかった。でもだんだん通訳になれてきて井深さんに商品説明などを任されるようになってベテランになっていく。英語屋さんという職業はこういうものなんだとわかりやすく書いてあってとんとん読み進める。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月08日

    ソニーの若手社員が突然、ソニー創業者で名誉会長でもある井深大氏の通訳&かばん持ちに任命される。そのときの苦労などを綴った本。この本を通して、一流企業のトップである井深氏の人となりを垣間見ることができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2008年12月15日

    通訳としてだけでなく、大企業トップの秘書としての主人公の経験が興味深い。
    目に入るものすべてが彼の眼に新鮮に写り、それを素直な文章にしている。
    随行の前に下見でハワイまで言ってくるあたり、スケールが大きいが、ボスへの細心の配慮の精神は学ぶべきところだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月21日

    'vich' means whi of san in Russian.はロシア語で「の息子」の意味。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月09日

    [ 内容 ]
    ソニーの平凡な一社員にすぎなかった著者は突然、会社創業者である井深大氏の「英語屋」=通訳兼カバン持ちに任命される。
    だが帰国子女でもなければ留学経験さえない著者は、海外の超一流のVIPを相手に自己流の英語術で奮闘する羽目に。
    井深氏の持論である幼児教育論や東洋医学のやたら難しい専門用語...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2005年09月26日

    ソニー創業者井深大さんに抜擢されて、英語通訳の立場で仕えた著者の経験をもとに綴られた本。実際のところは結構英語を話せた井深氏の前で通訳するのはさぞかし緊張の連続だったと思う。内容としては英語学習者の中でも通訳や翻訳者を志す人向けか。文法学習の類の話題はあまり出てこない。SONYに興味がある人にもよい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています