賽ドリル 1巻
  • 完結

賽ドリル 1巻

作者名 :
通常価格 618円 (562円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【賽が導く、カミサマ系(?)ユルユル劇場(コミック)、開幕!】
賽の河原へ来てしまった女子高生の各務あずきと牧由直々。二人は、超マイペースな神様・サイノシンの元で、現世へ戻るための様々な課題をこなすことに…。同じ立場の仲間と共に時に熱く、時にユルユルこなす課題は―…!?
(C)2007 Izumi Kawachi

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
スクウェア・エニックス
掲載誌・レーベル
月刊ガンガンウイング
ページ数
201ページ
電子版発売日
2015年12月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
52MB

賽ドリル 1巻 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年03月02日

    基本ギャグなのですが、時々考えさせられるような深い部分があるのが魅力的です。オススメ!
    神様視点ではこうこうなんだよって別の視点から見れるあたりもいいですよね。自分は河内先生の作品ではこれが一番好きです^^

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「此れは此の世の事ならず 賽の河原の物語」……

    不慮の事故から賽の河原に辿り着いた少女二人。
    彼女らを出迎えたのは「恐山の賽の神」と名乗る人物で…!?

    地蔵菩薩と人との、気持ちと気持ちのぶつかり合いの物語(はい?)
    たまに心打たれます(たまにかよ…)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月30日

    のんびり、ゆらゆら、軽いテイストの霊界(?)話。

    見やすい絵、読みやすい展開、非常にまとまった話なので、読んでいて何の不満もない。

    ただ、ワクワクもドキドキもしない。

    それがいいのか悪いのかはアレだけど、私は結構好きだ。続きも読むと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    画像が無い…っι
    コミックス帯には「賽が導くカミサマ系(?)ユルユル劇場」ってありましたよ…。
    賽の神様が出すドリル(課題)をこなして現世か彼岸に行く話。
    ドリルを始める前にサイコロを振って、自分の能力値をその度に決めたり…(知力・体力・生命力…etc)
    1巻以降全然コミック出ないなぁ…とか思ってた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

賽ドリル のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 賽ドリル 1巻
    完結
    618円(税込)
    【賽が導く、カミサマ系(?)ユルユル劇場(コミック)、開幕!】 賽の河原へ来てしまった女子高生の各務あずきと牧由直々。二人は、超マイペースな神様・サイノシンの元で、現世へ戻るための様々な課題をこなすことに…。同じ立場の仲間と共に時に熱く、時にユルユルこなす課題は―…!? (C)2007 Izumi Kawachi
  • 賽ドリル 2巻
    完結
    628円(税込)
    【ユルーイ神さま達のもとで、課題(ドリル)にチャレンジ!!】 今回は、色んなサイノシン達が大集合! 彼らが出す様々な課題をこなして、あずきとマキヨシが現世に戻ることは…!? そして杏はサイノシンになることができるのか? 仏教系ユルユルギャグコミック、遂に完結。 (C)2008 Izumi Kawachi

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています