叛逆航路

叛逆航路

作者名 :
通常価格 1,300円 (税込)
紙の本 [参考] 1,404円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

はるかな未来。強大な専制国家ラドチは人類宇宙を侵略・併呑して版図を広げていた。その主力となるのは宇宙艦隊と、艦のAI人格を数千人の肉体に転写して共有する生体兵器“属躰(アンシラリー)”である――。“わたし”は宇宙戦艦のAIだったが、最後の任務で裏切りに遭い、艦も大切な人も失ってしまう。ただ一人の属躰となって生き延びた“わたし”は復讐を誓い、極寒の辺境惑星に降り立つ……。デビュー長編にしてヒューゴー賞、ネビュラ賞、クラーク賞など、『ニューロマンサー』を超える史上初の英米7冠を制覇。本格宇宙SFのニュー・スタンダード登場!/解説=渡邊利道

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元SF文庫
ページ数
487ページ
電子版発売日
2015年11月21日
紙の本の発売
2015年11月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年04月16日

「デビュー長編にしてヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞など『ニューロマンサー』を超える英米7冠、本格宇宙SFのニュー・スタンダード!!!」

惜しみない称賛が際立つ本書は、アン・レッキーの長篇「叛逆航路」です。前文に加え、アーサー・C・クラーク賞、英国SF協会賞、英国幻想文学大賞、キッチーズ賞を受...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月16日

本格宇宙SF‥‥という言葉に惹かれて。戦艦のAIが人を生体兵器としてそれぞれの脳とシンクロ?している設定に、理解できるかという一抹の不安があったけれど、そう言うもんだと思って読めばそれほどの違和感もなく読めた。ひとり生き残った生体兵器。何千人分の世界からたった一人の世界になってしまったAIは不安定で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月10日

主要SF賞を総なめということで手にとった。世界観は感じ取れたが、スペースオペラ?の期待があったので、個人的には盛り上がらなかった。三部作の第一作ということなので、これからだろうとは感じるが。「艦船の属体」「ジェンダーの区別なし」など設定に面白さは見て取れるが、物語としてはいってこない…とりあえず、二...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月03日

なんかいっぱい賞をとったSF作品。
他のもそうだが、最近そういう評判の本を読んで、まず面白いと思ったことがない。
もう、SFファンは名乗れないのかもしれない。

ストーリーは大したことないような気がするのだが、とにかく読みづらく、名前も覚えづらくなんども見返したり。
漸く乗ってきたら残りは数十ページ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月29日

 1000年を超す月日を重ねる主人公が語り手のSF。
 どう説明していいのかわからない。
 私たちの生きる今からかけ離れた文化と認識を当たり前のように語られる。時系列も個もゆらぐ主人公の正体が分からない。主人公の性別も人格も不明で、ただ歌が好きだということはわかる。
 何をする物語なのか、どういう社...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「叛逆航路」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play