色の秘密 色彩学入門

色の秘密 色彩学入門

作者名 :
通常価格 763円 (694円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

色彩学のバイブル的著書、文春文庫で再登場

人はピンクで若返り白い部屋が美人を作る。赤は血圧を上げ不眠症には青が効く。商品学の草分け的存在の著者が解明した快適色彩生活。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2015年11月13日
紙の本の発売
2015年11月
サイズ(目安)
6MB

色の秘密 色彩学入門 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年08月10日

    表紙に一目惚れした一冊。
    色について、考えと知識が深まりました。

    着る人、見る人、空間に存在する人。
    全てに影響を与える色は偉大なパワーを持っている。

    「ピンクの色彩呼吸法」わたしもやってみよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月30日

    色、光に関する超科学的な解説書。最も印象に残るのは色が自身健康与える影響だ。身につける色の種類によって太陽光の透過度が異なり、老ける老けないを決定づけるという。これまで黒い服を好んできたが、健康のために白い服を着ようと思った

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月18日

    <目次>
    第1章  恐るべき色の潜在力
    第2章  好む色でわかる基本的性格
    第3章  快適生活の色彩術
    第4章  社会を動かす色彩術
    第5章  色彩は生命の根源である

    <内容>
    ん~、評価のしにくい本である。第1章は色の持つ力を様々な面から紹介し、第2章はおそらく外国の文献を直訳。第3章は著者の本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年12月05日

    色についてもっと詳しく知りたかったので読んでみました。目だけではなく皮膚からも色をを感じとっているとは驚きでした。
    特に明るさについてはとても参考になりました。
    この本を読む直前にちょうど海外の友達から「日本の照明は明る過ぎる」と言われて気づき、休息がしっかり取れるように自宅の照明を蛍光灯から白熱電...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング