いつもどこでも忍2ニンジャ(1) 出会ったあの娘はくの一少女

いつもどこでも忍2ニンジャ(1) 出会ったあの娘はくの一少女

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

はじめまして。向日葵高校に通う2年生春日マコトです。父さんの仕事の関係で両親が海外へ行っちゃいました。やっぱり一人暮らしは寂しいもんで、一緒にご飯を食べたりテレビを見たりしてくれる彼女が出来ないかな~なんて思ってたら、突然女の子と一緒に暮らすことになっちゃって…。いや、別に彼女って訳じゃないんです。それになんとその娘は忍者。それも戦国時代からタイムスリップして来たっていうじゃありませんか。平穏無事だった僕の人生、これからどうなっちゃうんだろう!?そんなわけで、阿智太郎&宮須弥の名コンビで贈る、新おバカ小説シリーズここにスタートです。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2015年12月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

いつもどこでも忍2ニンジャ(1) 出会ったあの娘はくの一少女 のユーザーレビュー

レビューがありません。

いつもどこでも忍2ニンジャ のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • いつもどこでも忍2ニンジャ(1) 出会ったあの娘はくの一少女
    はじめまして。向日葵高校に通う2年生春日マコトです。父さんの仕事の関係で両親が海外へ行っちゃいました。やっぱり一人暮らしは寂しいもんで、一緒にご飯を食べたりテレビを見たりしてくれる彼女が出来ないかな~なんて思ってたら、突然女の子と一緒に暮らすことになっちゃって…。いや、別に彼女って訳じゃないんです。それになんとその娘は忍者。それも戦国時代からタイムスリップして来たっていうじゃあ...
  • いつもどこでも忍2ニンジャ(2) 暗殺デートは素敵にどっきゅん
    はじめまして。草影忍者の涼葉と申すでござる。なぜだか分かりませぬが、五百年の時を超えて、この時代にやってきてしまったでござる。そして出会ったのが、我が主、誠之進様にそっくりの春日マコト様。この時代でどうしていいか分からぬ拙者を、お屋敷に住まわせて、いろいろ面倒をみてくれる優しい方でござる。そう、誠之進様と同じように、心の温かい方でござる。いや、拙者はなにもマコト様に恋心など...
  • いつもどこでも忍2ニンジャ(3) 日本の夏、血桜の夏
    こんにちは。元血桜忍者のかなでで~す。五百年前の時代からやって来ちゃったけど、そんなこと全然気にしてませ~ん。マコトさんっていう高校生の家に居候させてもらって、この時代を楽しんでま~す。今回は、高校の桃香センパイに誘われて、マコトさん、涼葉さんと一緒にプールへ行くことになりました。学校で着てるスクール水着じゃなくて、桃香センパイに借りたビキニっていうのを着ちゃいま~す。涼葉...
  • いつもどこでも忍2ニンジャ(4) 極悪を再び!
    こんにちは~。最近は五百年前から来たことをすっかり忘れちゃってる、元血桜忍者のかなでで~す。だけど血桜忍群副頭目の虎牙様は、いまだに全然かわってなくて、マコトさんの命を狙ってま~す。それと関係あるのか分かりませんが、アタシに「悪鬼玉」っていう秘薬を作ってくれって頼んできました。これってアタシしか作れないんで~す。すごいでしょう。しょうがないから悪鬼玉を作ってあげました。って...
  • いつもどこでも忍2ニンジャ(5) ピンクなキノコの大事件
    みなさんこんにちは。向日葵高校に通う春日マコトです。五百年の時を超えてやってきた忍者少女、涼葉とかなでさんとの三人暮らしにも慣れてきました。と、思っていたのですが、ある日の昼下がり、かなでさんがとっても怪しい雰囲気をまとってやってきました。そして「あたし、もう我慢出来ないんです!」なんてことを言い出して…。その上涼葉まで荒い吐息で迫ってきて…。こんな形で大人になってしまうなん...
  • いつもどこでも忍2ニンジャ(6) 春日マコト抹殺指令!
    こんにちは~。超天然系なんていわれてる、元血桜忍者のかなでで~す。たいへんなんです。とってもいい子だったはずのわに太朗様が、なぜか突然変わってしまって、マコトさんを抹殺するよう、血桜の皆様に命令したんです。おまけに五百年まえの元の時代に帰れるっていう、「時越えの光」が現れたり。アタシとしては、この時代に残るつもりなんですけど。アイスクリームもあるし。っていうか、こんな盛り上...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています