ブラックホール・膨張宇宙・重力波~一般相対性理論の100年と展開~

ブラックホール・膨張宇宙・重力波~一般相対性理論の100年と展開~

作者名 :
通常価格 874円 (税込)
紙の本 [参考] 972円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

2015年は、アインシュタインが一般相対性理論を創り上げてから、ちょうど100年にあたる。一般相対性理論は20世紀の物理学を一変させたが、この理論が描く世界は、アインシュタイン自身の想像を超えるほど奇妙なものだった。本書では、一般相対性理論がどのように理解されてきたのかを俯瞰すると同時に、今日の3つの主流研究テーマを概観。現代物理学の知見は私たちに何をもたらすのか――。最新の研究成果を交えて探る。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2015年10月23日
紙の本の発売
2015年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2015年10月24日

 あまり話題となっていないが、今年は一般相対性理論が発表されてから100年。それを機にこの100年で何がわかったか、あるいは何が分かっていないか(分からなくなったか)をブラックホール、膨張宇宙、重力波の3つの視点で振り返っている。本書の大半はブラックホールについて書かれている。これは著者の趣味とか、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月20日

入門書よりは少しレベルが高い。一通りの基礎知識を持って読むと興味が一層増すと思う。重力について最先端の知識が得られる現時点で最高の本。重力波についてがエキサイティングだった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月13日

旬な本を読んでみました。
この本が書かれたのが2015年9月、ということで、重力波が捉えられたまさに同じ月に書かれています。
数年後には重力波検出のニュースが流れるかも…と書かれていますが、その数か月後になるとは…という感じですね。

相対性理論の歴史的な話から始まって、
そこから導かれる結論の一つ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月23日

盛りだくさんでかなり記述に濃淡があったけど…ブラックホールや重力波は新書としてはかなり突っ込んだ話が多かったように思う。連星がなぜ宇宙の距離を測るのに基準となるのか詳しく書かれていてよかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月03日

アインシュタインが相対性理論を発表して以降の宇宙物理学の発展を解説した本。
*
100年前にアインシュタインによって存在が予言されていた重力波が、今年観測されたので読んでみました。
*
「重力波を観測すると言うことはブラックホールを見ると言うこと」らしい。
*
地球でも観測できるぐらいの大きさの重力...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ブラックホール・膨張宇宙・重力波~一般相対性理論の100年と展開~」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play