洞窟オジさん

洞窟オジさん

作者名 :
通常価格 680円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人生のほとんどを洞窟で過ごした男の物語。

加村一馬、昭和21年8月31日生まれ。群馬県大間々町(現:さくら市)出身。68才。
 昭和35年、当時13才だった少年は「両親から逃げたくて」愛犬シロを連れて家出した。以来、彼はたったひとりで誰にも知られることなく、足尾鉱山の洞窟、富士の樹海などの山野で暮らし、イノシシやシカ、ヘビにネズミ、コウモリ、野ウサギなどを食らい命をつないできた。発見された時、少年は57才になっていた--
 2004年5月に刊行され、大きな話題を呼んだ『洞窟オジさん 荒野の43年』(小社刊)。あれから11年、社会復帰を果たした「オジさん」は、群馬県の障害者支援施設に住み込みで働いていた(2015年9月発表作品)。彼はなぜそこで生きることになったのか。そして、「自分のため」ではなく「他人のため」に生きる喜びを知った「オジさん」は何を語るのか。
 トラブル続きの集団生活、「天使のような」女性との出会い、ブルーベリー栽培への挑戦、初めての入院生活…。12万字を越える加筆された奇跡の文庫版を電子化!!

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
320ページ
電子版発売日
2015年09月25日
紙の本の発売
2015年09月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「洞窟オジさん」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年02月02日

本にも出会いがある。たまたま見つけた。タイトルに惹かれた。面白かった。サバイバルに生きる人の強さ。こんな人がいたなんて、驚き。人間は強い。逆に現代の生活はまったくゆるい。NHKでドラマ化されたそうだ。観てみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月20日

久々にワクワクする本に出会った。

主人公は13歳の時に家出して、
約40年間、人を避けながら
洞窟や山で愛犬シロとサバイバルな生活をした。

現代のネット社会では実現できない生活。
そんな事を体験できて、最後は人の温かさに触れる
人生をおくった『洞窟オジさん』。
最高に面白かった。

最後に今後の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月13日

「洞窟オジさん」というタイトルのこの本を友人から勧められた時、いわゆる「ゆるい系」の話なのかと思った。

ところが、あらすじを見ると43年もの間世俗を離れ、洞窟でヘビやカエルや猪を獲って暮らしてたという。
しかも実話だという。

いわゆるドキュメンタリーなのだろうか…。
などと思いながら読みだし、読...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月07日

昭和35年、両親の虐待から逃れるため、13歳の加村少年は愛犬シロと家出。そこからはじまったホームレス生活。足尾銅山の洞窟を住処とし、ヘビやトリ、イノシシを食べる。食べ物がなければ、3、4日は食べずに過ごす。富士樹海で死体を見たこともある。人のいることろで山菜や魚を売って現金を手にすることもある。老夫...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月14日

加村一馬さん。ご本人の人生記録。

13歳から家出(というか家庭内虐待からの逃亡。)
して、閉山した足尾銅山の洞窟にて暮らした記録。

ドラマになったりもしたらしい。
リリーフランキーさんが彼の役を演じたという、
二人の対談記録も収録。

文章は、加村さんの記憶を子供の頃から
淡々と、語り口調のよう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「洞窟オジさん」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,482

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!