いちご姫・蝴蝶 他二篇

いちご姫・蝴蝶 他二篇

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「ああ小、小、男子など何でもない!」公家の姫君から女盗賊へ、戦国末世を流転する美貌の烈女いちご姫。二葉亭四迷と並ぶ言文一致の先駆、山田美妙(1868-1910)の新奇華麗な文体に明治の世は目をみはり、若き美妙は一躍文壇の寵児となった。挿絵の裸体画が論争を巻き起こした「蝴蝶」、「武蔵野」「笹りんどう」と同時代評を収録。注・資料を収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波文庫
ページ数
476ページ
電子版発売日
2015年08月20日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
10MB

いちご姫・蝴蝶 他二篇 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年09月15日

    勇敢な女子(おなご)が次々と降りかかってくる災難に敢然と立ち向っていくさまに、心踊らされる。が、一方で、連れ添う男運のなさからか、頽廃への道を歩むことになり、憐れな結末を迎えることに…。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

作者のこれもおすすめ

漱石追想

漱石追想

  • ブラウザ試し読み

無料あり
武蔵野

武蔵野

  • ブラウザ試し読み