SF作家 小松左京の霊言 「日本沈没」を回避するシナリオ

SF作家 小松左京の霊言 「日本沈没」を回避するシナリオ

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

天変地異、地殻変動、他国からの侵略危機――SFで描かれた未来が現実に!?

迫りくる現実の危機を乗りこえる方法はあるのか?
小説『日本沈没』『復活の日』『首都消失』の人気作家が天上界から贈る、驚愕の近未来予測!

■■ 小松左京の人物紹介 ■■
1931~2011年。小説家。大阪生まれ。京都大学文学部に入学、イタリア文学を専攻。1961年、空想科学小説コンテストで「地には平和を」が努力賞に入選。翌年にデビュー。以後、日本のSF界を牽引し、「ミスターSF」と呼ばれた。また、1970年の日本万博ではテーマ館のサブ・プロデューサーとして活躍するなど、文化面でも幅広い活動を精力的に行った。代表作に、『日本沈没』(日本推理作家協会賞等)、ほかに、『首都消失』(日本SF大賞)、『復活の日』などがある。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
幸福の科学出版
電子版発売日
2015年08月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
21MB

関連タグ:

SF作家 小松左京の霊言 「日本沈没」を回避するシナリオ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年08月15日

    ブラックなユーモアを交えつつ本音が読み取りづらい内容であったように思える。気になった指摘点は、
    神への信仰の中に科学の位置づけがない。
    避難先を確保しておいた方がいいのでは?
    中国とイスラムが発火点は、間違いない。
    あとがき
    世界には光と闇がある。しかも時間軸が波のようにのたううっている。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています