あの子の家
  • 完結

あの子の家

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

優しくて料理上手な母親とふたり、赤い屋根の家で快適に暮らす「あの子」。でも「このままでいいのか」という思いが頭から離れない。やがて「あの子」はリュックにおにぎりとお気に入りのパンツを詰めて家を出る――。画家としても活躍中のクマザワミキコが贈る、ゆるくて可愛くて哲学的な「あの子」の世界!!

ジャンル
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
COMICリュウ
電子版発売日
2015年09月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
104MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2019年05月16日

    「”今”」生かせて行ける場所が大切な場所なんだなってしみじみと思える漫画でしたね。 なにより、描写が良い、そして、物語は夢がみれる・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月17日

    ほんとうに、 ”なんでそんなことしちゃうんだろう”
    ね。
    どうしてそのまま留まれないんだろうね。
    わざわざ、楽しくて快適な「家」を離れて
    ひとりで何処かへ行かなくてはならない気がしてしまうんだろう、ね。
    悲しい。寂しい?うまく説明できない、せつなさ。

    本当の本当にひとりになった“あの子”は何処へ行...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月15日

    『夜の須田課長』とはまったく作風が違いますね。
    これは寓話…なのかな?
    過保護な母親が作る快適な家はなんだか息苦しい。自立したい。ひとりでいたい。でも完全な孤独は辛い。
    言いたいことはわからなくもないですが…。
    物語があまり面白くないなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています