不埒なシスター ~オムニバス短編集~
  • 完結

不埒なシスター ~オムニバス短編集~

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※BookLive!Reader Lideoでご覧になる際には、PCやスマートフォンのカラー液晶と表示イメージが異なる場合があります。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

肌を露出せず、聖母のように優しい“シスター”こと宮本澄。偶然触れた指先の熱が忘れられないカジはもう一度触れようとする。だが、澄にはある秘密があった──。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
花とゆめ
ページ数
208ページ
電子版発売日
2015年07月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
35MB

関連タグ:

不埒なシスター ~オムニバス短編集~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年03月28日

    短編集。シスターシリーズ好き〜v「泣き顔のマリア」と「不実なピアニスト」が特に好きなんだけど、表題も好きだな〜(*´∇`*)「不純だけど貴方がすきです」ってセリフがいい♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月08日

    大好きなモリエサトシさん。
    全部が関連している短編集。
    一番は『泣き顔マリア』かな。
    宮田くんが好き。

    涙がもったいないという彼に惹かれる。

    『不実なピアニスト』は職業的に気になる。
    何故鳴るのか…というかスタインウェイ…もったいない…。
    やっぱり愛か…先生もピアノを愛せと言っていたな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月19日

    待ちに待ったモリエサトシさんの短編集です。このシリーズすごい好きなので一冊にまとまってくれたのが嬉しいです^^

    モリエサトシさんの作品にある独特の雰囲気がこの短編集でも感じられるので満足です。書き下ろしの日影のシスターの二人が可愛かった^^

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月19日

    表題作、不埒なシスターが花とゆめに掲載されてからもう5年も経ったのですね。
    長かった!!ずっと待ってました!!というファンの方は多いのではないでしょうか。私もその1人です(笑)

    この短編集の魅力は独特の空気感だと思っています。どことなくエロいです。でも全然いやらしくないんですよ!むしろ爽やか!

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月06日

    モリエさんの世界観が詰まった一冊。どこか不思議でどこか狂気すら孕んでいるのに、どこか色気のある短編集。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月30日

    全てのお話がリンクしてて「さっき出てきたキャラクターだ!」と、うきうきしながら読むことができました。私的な意見ですが、不実なピアニストにときめきました。ただ、時々絵が雑になったかな?と思う部分もありました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月30日

    肌を露出せず聖母の様に優しい“シスター”こと宮本澄。偶然触れた指先の熱が忘れられないカジは、もう一度澄に触れようとする…。表題作「不埒なシスター」の他、「泣き顔のマリア」「緑のモンスター」「日影のシスター」「不実なピアニスト」の全5編を収録。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年08月25日

    オムニバスストーリーですね。
    どれも甘くてかわいいです。ちょっぴり切なかったり、嘘や悪意に負けそうになったり。けれど熱い心に甘い気持ち。こちらまで照れてしまいそうなお話群でした。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年03月17日

    短編集だけど同じ高校が舞台ということでチラッと他の話のキャラが出てきたりしておもしろかった。

    「不埒なシスター」
    かたくなに黒のブレザーを身にまとい続けるヒロインがそのブレザを脱ぐとブラウス着てるのにやたらとエロく感じる(笑)。

    「泣き顔のマリア」
    この中で一番お気に入りの作品。
    宮田くんのキャ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています