失点イン・ザ・パーク

失点イン・ザ・パーク

作者名 :
通常価格 1,144円 (1,040円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

アル中からの帰還、“失点”の日々―。ラッパーECDの書き下ろし“自伝的”小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
太田出版
ページ数
173ページ
電子版発売日
2015年07月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

失点イン・ザ・パーク のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月12日

    石田さん、アル中の程度結構重かったんだな。
    この後ずーっと呑まないでいたんだから凄い。
    いろんな面を持ち合わせた面白い人だ。
    女性に奥手な少年のような部分、(本著には全く出てこないけど)デモに参加したりする活動的な部分、サムライかってくらいの耐え忍ぶ部分、かと思えばそれはあくまでも処世術なんだよね〜...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月17日

    一生遊んで暮らせる人生を実行したらアル中になった、ような三年間。

    初めての彼女と、猫と、幼い記憶。

    アル中の一要因になったと考える、熱燗の味。
    細胞レベルで覚えてしまった快感の記憶。

    猫のシーちゃんの話。

    なかなか刺激的な私小説。
    近年のECDの本に連続して読めてよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月31日

    アル中時代のECDの自伝的な。この人、記憶力、すっごいいいんだなぁ。てくらい、詳細に。しかも、今の奥さんの前に付き合っていた、というか、初めての彼女についてのオマージュ的な作品になっていて。よくもここまで書いたなぁ、この人、すごいなぁ、と。面白かった。(13/11/5)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています