鳥籠のふたご姫 東雲の王女と望まれぬ花婿

鳥籠のふたご姫 東雲の王女と望まれぬ花婿

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

王女ニコラは、わけあって城から出られない双子の姉ミシェラに寄り添い日々を過ごしていた。そんな平穏なある日、他国の王子カイルがミシェラの婿になりたいと名乗り出た! 姉命のニコラは突然の求婚に驚き、カイルの真意を探るため変装して近づくことに。敵対心あらわなニコラだが、少しずつカイルとの距離が近づき――? 幸せな“鳥籠”が開き、運命が動き出す!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / ビーズログ文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
ビーズログ文庫
電子版発売日
2015年08月14日
サイズ(目安)
6MB

鳥籠のふたご姫 東雲の王女と望まれぬ花婿 のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年10月31日

    こちらも独特の世界観を持つファンタジーです。
    「夜明光明」という死の国を司る夜光大王の半身である美しい鳥「明明鳥」のお守り人に選ばれた王族は、生涯をお守り人としてまっとうしなければならない。ヒロイン、ニコラの双子の姉ミシェラは、幼い時、そのお守り人に選ばれた。
    大好きな姉の助けとなりたいという一心か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年06月22日

    「夜明光明」とか「夜光大王」とか「明明鳥」とか、少し分かりにくい世界観だったので、最初はとっつきづらかったです。

    ミシェラが夜光大王を相手に説教してたり、鴉に変わってしまった夜光大王を相手に話しているのが意外と面白かった。ニコラじゃないけど、ミシェラってこんな性格だったんだって。

    それにしても明...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています