奇談屋の本 其の四

奇談屋の本 其の四

作者名 :
通常価格 302円 (275円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

つれづれなるままに、日暮し、パソコンに向ひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
 奇談屋書店の店主、竹島八百富と申します。
 私は存在致しません。そして、私は一人でもありませんが、小説などを書いて日々のんびり過ごしております。
 この度は、本書『奇談屋の本』〈其の四〉をご購入いただきまして誠にありがとうございます。
 これも何かのご縁でございましょう。お会いできたことを嬉しく思います。
お読み頂いた方が、読了直後に、「な~んかモヤモヤするなぁ」「えっ? ここで終わるの?」などと、物語のその後を思い馳せるようなものを、普段から好んで書いております。
 今回も五つの作品を用意致しました。是非とも、読了後モヤモヤして頂けたら幸いです。

 第壱話『削除される行』
  提出した事故処理の報告書には大幅に削除される行がある。

 第弐話『蛇足』
  超能力はあればいいってもんじゃない!

 第参話『叛乱の日』
  今日こそ人間の支配下から解放されるのだ!

 第四話『Yの悲劇』
  月刊群雛2015年11月号で掲載された黒歴史(-_-;)
  その後の報告もどうぞ

 第伍話『経済学者より女のわがまま』
  指輪が欲しい! そんなわがままが日本を救う?

 コーヒー、紅茶、またはお酒でも飲みながら、リラックスしてお読み下さい。
 では、お楽しみ下さい。

ジャンル
出版社
BCCKS Distribution
電子版発売日
2016年04月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

奇談屋の本 其の四 のユーザーレビュー

レビューがありません。

奇談屋の本 のシリーズ作品 1巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~1件目 / 1件
  • 奇談屋の本 其の四
    302円(税込)
    つれづれなるままに、日暮し、パソコンに向ひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。  奇談屋書店の店主、竹島八百富と申します。  私は存在致しません。そして、私は一人でもありませんが、小説などを書いて日々のんびり過ごしております。  この度は、本書『奇談屋の本』〈其の四〉をご購入いただきまして誠にありがとうございます。  これも...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています