プロ野球「衝撃の昭和史」

プロ野球「衝撃の昭和史」

作者名 :
通常価格 815円 (741円+税)
紙の本 [参考] 825円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

かつて日本のプロ野球では、かくも熱い人間ドラマが繰り広げられていた――。広島対近鉄の日本シリーズにおける「江夏の21球」をめぐっては、広島のサードだった三村や、近鉄の三塁ベースコーチだった仰木などからの証言を紐解きながら、従来と異なる視点で、真実に迫る。ベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグらと対戦した沢村栄治については、意外な夫婦関係を浮き彫りにする。さらには上田監督の抗議が1時間以上におよんだ阪急とヤクルトの日本シリーズ、昭和34年の初の天覧試合の後日談など、これまで語られることのなかった12本の球界秘話が明かされる。月刊「文藝春秋」で反響を呼んだ特別連載待望の新書化。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2015年07月17日
紙の本の発売
2012年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
15MB

プロ野球「衝撃の昭和史」 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年09月14日

    日本プロ野球界における知る人ぞ知るエピソードをまとめたウンチク本。「昭和史」という大げさなタイトルをつけているが、単に昭和に起こったエピソードを取り上げているだけ。昭和史ではなく、「昭和の事件簿」というべきだ。

    と、過剰なタイトルに不満はあるが、プロ野球界の意外なこぼれ話は読んでいて楽しい。写真付...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月20日

    江夏の21球、沢村栄治、天覧試合、、、といったプロ野球の昭和史では定番で語られるお話の中で、これまであまり知られていなかった舞台裏が書かれていました(全12章)。

    「衝撃・・・」というタイトルは、ちょっとどうかな?とも思いましたが、やっぱスポーツ物は、この著者が巧いなぁ・・・の感でした。


    (2...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月18日

    今でも記憶に残っているエピソード、「昔、そういったことがあった」と聞いたことがあるだけのエピソード...
    これらのエピソードを振り返るだけでノスタルジックな気分に浸れるのは、やはり「昭和」と言う時代に占める「プロ野球」の領域は広かったのだなと、ただただ、実感する。

    * 一部、平成になってからのエピ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月07日

    江夏の21球で有名な近鉄=広島の日本シリーズ。三塁線ファールと判定された14球目の打球は、サード三村のグラブをかすめており、本当はフェア。二者帰って近鉄が優勝、のはずだった…など、野球の昭和史を発掘。

    他に江川の甲子園、最後巨人と確執を残したまま戦死した沢村、など。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月08日

    感想を綴ってみました。

    第1章 江夏の21球は14球のはずたった
    →佐々木恭介の三塁戦の当たり。ファールと判定も実は三村がフェアゾーンでグラブに触っていたのでは?幻のタイムリー?幻の近鉄の日本一?三村さんが墓場に持っていってしまって謎のまま。

    第2章 沢村栄治、戦場に消えた巨人への恩讐
    →晩...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月07日

    球界の歴史をくつがえすところまではいかないが新書で12の物語が入っているのだからまずまず。落合以降、平成含まずで掘り下げて欲しかった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年04月30日

    やはり、歴史があるスポーツは良い。
    野球には様々なエピソードがあるが、なかなかその舞台裏をうかがい知ることはできません。
    本書は有名なエピソードを当事者のインタビューを通じて事実に迫ろうとしています。
    驚きだったのはジャイアント馬場って、好投手だったこと。
    なかなか、興味深い本でした。プロ野球にはも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

プロ野球「衝撃の昭和史」 に関連する特集・キャンペーン